【レポート】

iPod nano/shuffleの販売終了と既にある後継機種に期待する進化とは - 松村太郎のApple深読み・先読み

1 iPodをふりかえる

  • <<
  • <

1/5

AppleはiPod nanoとiPod shuffleの販売を終了した。それまで両製品を紹介していたページにアクセスすると、購読型のストリーミング音楽サービス、Apple Musicの紹介ページへと飛ぶ。このリンク先も、両製品の終焉を象徴するようだった。

ただし、iPod nanoとiPod shuffleのDNAは、Appleが現在販売しているあるデバイスに引き継がれている。もっとも、そのデバイスもiPodと同じ理由で、進化しなければならない局面を迎えているのであるが。

デジタルミュージックプレイヤーであるiPodシリーズは2001年に登場した。ハードディスクとバッテリーを搭載するデバイスに、Mac(後にWindows PC)のiTunesから音楽を転送することで、CDやMD、カセットテープよりも膨大な曲数のデジタル音楽を持ち運ぶことができるようになった。続いて、より小型のハードディスクを搭載したカラフルなiPod miniが登場し、またカラーディスプレイを搭載するiPod photoなども発表された。そうしたラインアップ拡充の中で、フラッシュメモリーを備えたシリーズとして現れたたのがiPod nanoとiPod shuffleだった。

第三世代のiPod nano

ビデオカメラが搭載された第五世代のiPod nano

iPod nanoは、最も多くデザイン変更が施されたiPodだった。当初は横長のスクリーンを備えたiPod classicに似た、しかし非常に薄いデザインであった。暫くすると、iPod miniを彷彿とさせる細長いデザインが採用され、カメラまで搭載した。正方形のタッチディスプレイを備え手の平にすっぽりと収まるデザインにも変化した。最終的には、再び小さく細長いタッチスクリーンとBluetoothを備えた製品に落ち着いた。

第三世代のiPod shuffle

第四世代のiPod shuffle

またiPod shuffleは、ディスプレイを持たず、中に入っている音楽をシャッフル再生して楽しむのに特化した製品だった。最初はUSBメモリのようなデザインだったが、その後はクリップが搭載され、服に簡単に固定することができるようになった。身につけて楽しむウェアラブルミュージックプレイヤー、という位置づけだった。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) iPodをふりかえる
(2) iPodを殺した2つの軸
(3) 実は既に存在しているiPod nanoの後継機種
(4) だからこそ、現代のミュージックプレイヤーとしての進化の時
(5) ハードルもたくさんある
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事