【レビュー】

清純な乙女の秘密をのぞき見!?『荒ぶる季節の乙女どもよ。』が大注目 - 少年コミック配信ランキング

今どんな漫画が読まれているのか!? 月間1,100万人が利用する電子書籍配信サービス「めちゃコミック」で配信されている作品から、先週のダウンロード数を集計してランキングを作成。今回は少年コミックランキングをお届けします。今週は、人気アニメ作品『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』で脚本を手がけた岡田麿里氏が原作を務めた注目作『荒ぶる季節の乙女どもよ。』が首位に立ちました。


「頑張れって感じのデクだ!」 読む者の気持ちを熱くさせる青春ヒーローバトル

10位『僕のヒーローアカデミア』(堀越耕平/集英社)

『僕のヒーローアカデミア』(C)堀越耕平/集英社

「アメコミ風な絵柄だったので今まで避けていましたが、もっと早く読めば良かったです! 古き良き時代の努力や友情、そして一握りの冷たい現実が詰め込まれています。現実的な障害が主人公をさらなる努力と飛躍へ成長させていき、魅力的なキャラクターの仲間たちと友情やライバル心を育んでいます。プルスウルトラ!」(レビューより)


"王道少年漫画の傑作"との呼び声も高い、『ドラクエ』オリジナル・ストーリー

9位『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』(稲田浩司 三条陸 堀井雄二/集英社)

『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』(C)稲田浩司 三条陸 堀井雄二/集英社

「なかなか読みやすいし、何より昔を思い出して懐かしみながら読めるから良い」(レビューより)


食の探求者「美食屋」たちの心躍る大冒険

8位『トリコ』(島袋光年/集英社)

『トリコ』(C)島袋光年/集英社

「早く次がよみたい!」「王道系バトル漫画」(レビューより)


憧れのハンターを目指して、魅力的なキャラクターたちが織り成す大冒険ロマン

7位『HUNTER×HUNTER』(冨樫義博/集英社)

『HUNTER×HUNTER』(C)冨樫義博/集英社

「面白さの次元が違うというか、読んだことない人は本当にもったいないと思います。物語の最初からとんでもなく面白いですが、読み進めるとそれ以上に面白い。適当な娯楽で時間を潰すぐらいなら、『HUNTER×HUNTER』読んでる方が圧倒的に楽しいはず」(レビューより)


おあがりよ! お色気も見どころの新世代料理マンガ

6位『食戟のソーマ』(佐伯俊 森崎友紀 附田祐斗/集英社)

『食戟のソーマ』(C)佐伯俊 森崎友紀 附田祐斗/集英社

「絵がとても綺麗でキャラクターもイケメン、美少女がたくさん出てきます。が、何より料理がおいしそう……見てるだけでヨダレ出そうです」「画力が半端なくて、スピード感あふれる描写が抜群に上手く、女の子が可愛いです」(レビューより)


新世代編も絶好調、世界を魅了する和風ファンタジー

5位『NARUTO―ナルト―』(岸本斉史/集英社)

『NARUTO―ナルト―』(C)岸本斉史/集英社

「笑える 泣ける 神漫画。読めば、『自分も頑張らないと』と思える漫画です」「笑えて泣けて、うっかり一気に読んでしまいました」(レビューより)


実写映画化も決定、死神高校生のバトルファンタジー

4位『BLEACH』(久保帯人/集英社)

『BLEACH』(C)久保帯人/集英社

「自分の大切な人を護る。自分の大切な場所を護る。その為には、自分が傷ついても構わない。そんな一護が大好きです」「学生の頃読んでいて、完結したと聞いて読んでいなかった分を読みました!それぞれのキャラに魅力があるし、とてもかっこいいです」(レビューより)


海外で実写ドラマ化も発表! 世界中で愛される海洋冒険ロマンの傑作

3位『ONE PIECE』(尾田栄一郎/集英社)

『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎/集英社

「人物一人一人を丁寧に描いているからこそ、生まれるストーリーの深みは最高です。尾田先生が人物に言わせるセリフ、きっと誰でも、心の琴線に触れる言葉があるはず。私たち読者にとっては、この言葉を探す事が大冒険?」(レビューより)


"色々と攻めすぎてしまった"!? 究極のハーレム漫画はストーリー展開にも注目

2位『終末のハーレム』(宵野コタロー LINK/集英社)

『終末のハーレム』(C)宵野コタロー LINK/集英社

「男の夢ですね! こんな世界に行きたいです」「キャラがとても可愛いし、こんなシチュエーションがなかなかないから、とてもうらやましい。俺もこんな状況が欲しいわ」「人物、背景など一つ一つの絵がとてもキレイで引き込まれます」「少年誌はあまり読まないのですが、設定がとてもおもしろいと思って読みました。男のロマンなんでしょうか(笑)」(レビューより)


文芸部の女子たちが"死ぬ前にしたいこと"とは? 乙女たちが"性"に振り回され始める

1位『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(絵本奈央 岡田麿里/講談社)

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(C)絵本奈央 岡田麿里/講談社

「まだ全話は買いきれていないのですが、なんだかこう、清純な乙女達を覗き見しているみたいでドキドキハラハラします。女の子は可愛い……。そして女性になって行く姿は美しい……」「もう、とにかくめちゃくちゃ笑いました!! 単純に面白い!!」「学生時代を思い出してドキドキ、キュンキュンしながら読んでいます。 絵も可愛いしストーリーも面白いです!」(レビューより)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事