【インタビュー】

役にシンクロする窪田正孝、誰もが見たがった非道な大泉洋… 『東京喰種』永江プロデューサーが振り返るキャスティングの妙

1 作品を見ればわかるキャストたちの溢れる魅力

  • <<
  • <

1/2

世界累計3,000万部の発行部数を誇る人気コミック『東京喰種 トーキョーグール』が、7月29日より公開された。人気漫画の実写化が相次ぐ中「リアルを追求したかった」と語るプロデューサーは、キャスティングにおいてもキャラクターと似通った部分を持つ人を重要視していったという。

人間を食べなければ生きていけない”喰種”が、東京という街に存在している世界観をリアルに表すために、どのような努力があったのか。原作者指名の窪田正孝、製作陣満場一致の大泉洋、”キャラクターそのもの”という鈴木伸之、太陽のような小笠原海(超特急)と、個性豊かなメンバーが揃ったキャスティングについて、松竹の永江プロデューサーに話を聞いた。

■永江智大
2010年、松竹入社、松竹撮影所を経て映像企画部に。本格プロデュース作品としては今作が初めてとなる。これまでに関わった作品は『ジャッジ!』『母と暮せば』など。 ※画像は『東京喰種 トーキョーグール』メインビジュアル

憑依型の窪田正孝

――主演の窪田さんは、石田スイ先生からのご指名ということでしたが、それは企画を進める前からの指名だったんですか?

窪田さんの名前が出たのは、映画化が正式に決まってからでしたね。最初にカネキを誰にするかというお話をしていた時に、初めて先生が「窪田さんを意識してた」ということを知って、ぜひ窪田さんに話してみましょう、と行ったら快諾いただきました。

窪田正孝(金木研役)

――実際に窪田さんの印象はいかがでしたか。

カネキにしか、見えないですよね。自分を生かしてお芝居をする方もいると思うんですが、窪田さんの場合はなりきってしまう。リアルなんですよね。型にはまった芝居ではなく、生っぽく、役にシンクロしていくというか。

――撮影の合間に何か話されたりもしたんですか?

ずっと『東京喰種 トーキョーグール』の話をしてました。窪田さん、原作がとても好きなんです。他にも小笠原海さんや桜田ひよりさん、佐々木希さんなど、原作が好きで”喰種愛”が溢れて止まらない人がいっぱいいて。ずっと「次どうなるんだろう?」とか「好きなキャラは?」とか「あれって伏線だよね」とか、小学生の時に毎週ジャンプについて語り合うように、原作の話をしていました(笑)。

でも『東京喰種 トーキョーグール』の時の窪田さんは、撮影の合間もあくまでカネキというという雰囲気で、物静かだったように思います。その後久しぶりにお会いしたものすごくテンションが高くて驚きました(笑)

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 作品を見ればわかるキャストたちの溢れる魅力
(2) 満場一致の大泉洋、キャラそのものの鈴木伸之
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事