【レポート】

仮面女子、絶叫 - 注目スタートアップ製品に触れる「パソコン工房 AKIBA STARTUP」オープン

ユニットコムは7月28日に、東京の秋葉原に「パソコン工房 AKIBA STARTUP」をオープンする。2017年6月に閉館した「パソコン工房 アウトレット館」の跡地で、中央通りから一本入った、PCショップが軒を連ねる中にある。7月27日に行われたメディア向け内覧会の様子と、パソコン工房 AKIBA STARTUPの作りや展示を紹介しよう。

パソコン工房 AKIBA STARTUP

パソコン工房 AKIBA STARTUPでは、「少し先の未来に出逢えるアキバスポット」と銘打ち、PCの周辺機器や関連グッズなど、IT系スタートアップ企業が開発した個性的で実用性の高い商品を集めて、展示や製品説明、体験から販売まで行う。

スタートアップ企業は製品に自信があっても、広告資金やPRの場がなかなかそろわないという問題を抱えがち。一方、エンドユーザーは、ネットで気になる目新しい製品を見かけても、実際に体験したり、詳細を確認したりする場がないことが多い。

ユニットコムでは双方のニーズを繋げる場として、パソコン工房 AKIBA STARTUPで取り扱うものをあえてスタートアップ企業の製品のみに絞ることで、ユーザーからの注目を集める狙い。クラウドファンディングを中心に、ネットで紹介された製品を20アイテム前後そろえ、定期的に入れ替えていくという。「何か面白いものはないか」「ワクワクできる新しいものが見たい」、そんなユーザーの期待に応える空間を目指す。

プレス向け内覧会には、秋葉原を中心に活動する地下アイドル「仮面女子」の3人が応援に駆け付けた。店舗の様子と、彼女たちが実際に体験して見せた商品を含め、面白そうなアイテムを幾つか紹介しよう。

インディーズとしては初のオリコン1位を獲得したという「仮面女子」。メンバーの中から3人が駆け付けた。左から、桜のどかさん、窪田美沙さん、立花あんなさん

出展商品の詳細は、「パソコン工房 AKIBA STARTUP GALLERY 出展一覧」で見られる。

展示風景。90cm幅の展示台に1~4アイテムほど並ぶ。各製品の詳細はプライスPOPに記載されており、さらに正面の写真付きの記事風POPとデジタルサイネージの動画で説明する

耳たぶにイヤリングのように装着するハイレゾ級骨伝導イヤホン「earsopen」。耳を塞がないので外の音が普通に聞こえる。作業中のBGM用に最適だ。販売価格は税込13,800円から

周囲の声がちゃんと聞こえるだけでなく、外への音漏れもないことをアピール

クレッセントが開発したVR体験機(正式名称なし)は、VRソフト「Gliding to the Moon」と連動して足元に油圧ポンプの付いた椅子が傾いたりする仕組み。下までずっと落ちていく感覚などが味わえる。個人用ではなく業務用で、7月30日(日)までの期間限定で体験できる

プロジェクターを利用してゲームプレイやBD/DVD視聴などが広い視野で楽しめる「ELSA ドームスクリーン(エルザジャパン)」。没入感たっぷりだ。販売価格は未定

最大120インチに対応するモバイル可能な小型プロジェクター「KERUO L7(CTJ)」。自動台形補正機能を搭載し、投影対象が傾いていても正面から見ているように映像を自動的に補正する。販売価格は税込49,880円から

急速充電コネクタ、USB 3.0ハブ、SDカードとmicro SDカードリーダーなどを搭載するマルチスタンド「WOODY Fast Charging Hub(BROS&COMPANY)」。上にモニターを置き、下にキーボードやマウスを収納することも可能。販売価格は税込8,519円から

カジュアルに使える小型3Dプリンター「ダヴィンチ miniMaker」(XYZプリンティングジャパン)。最大印刷サイズ15×15×15cmで、PLAフィラメントに対応。販売価格は税込38,600円

空間にお絵かきできる3Dペン「ダヴィンチ3Dペン・スターターキット」(XYZプリンティングジャパン)。デザインマニュアルやチュートリアルビデオなどの付属する、初めてのユーザーでも迷わないセットだ。販売価格は税込7,480円

クラウドファンディングサイトで1,000万円の資金調達を達成した、空中に浮きながら回転するBluetoothスピーカー「LEVI SOUND(KEN LLP)」。最大出力3W、音声周波数帯域40Hz~20KHz。販売価格は未定だが、Amazonでは税込14,800円で販売されている

ショルダーストラップにLEDが組み込まれたバッグパック「UDEE多機能バッグパック(CTJ)」。負荷軽減のためのX字の補強材が組み込まれており、表面は防水加工。イヤホンポートやUSBポートを搭載し充電も可能。販売価格は税別23,890円

Windows 10 Home 64bit版を搭載する手のひらサイズの小型PC「LIVA Z(ECS)」。Intel Pentium Processor N4200、IEEE802.11ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0、USB 3.0ポート×3、USB 3.0 Type-Cポート×1、1000BASE-Tポート×2といった概要

人気記事

一覧

新着記事