【レビュー】

フレッシュネスで異色バーガー登場! 「マンゴーバーガー」ってどんな味?

フレッシュネスは7月14日、「マンゴーバーガー」(税別600円)を全国の「フレッシュネスバーガー」店舗で発売した。酢豚にパイナップルはまだ分かるが、マンゴーをハンバーガーにサンドってどういうことだ!? 味のイメージがまったくつかなかったので、早速食べてきた。

「マンゴーバーガー」(税別600円)

同商品は、113gのビーフパティとハーフカットのマンゴー、オニオン、グリーンカールをサンドしたもの。ソースはマヨネーズとマスタードのみで、シンプルな味付けになっている。マンゴーにはタイ産の「マハチャノック種」という、とろけるような甘さが特徴の品種を採用したとのこと。はみ出すくらい大きくカットされたマンゴーは、ビーフパティと合うのだろうか……?

ハーフカットのマンゴーが大きい……!

見た目だけで判断してはいけない。思い切ってかぶりついてみると、マンゴーの濃厚な甘味が口に広がってきた。「さすがにこれは合わないだろう」と思った矢先に、牛肉の塩味とうま味がやってくる。驚いたことに、マンゴーの甘味がこれらの邪魔をしていない。ひと口目はこの組み合わせに頭が追いつかなかったが、食べ進めいていくごとに引きつけられていく。気がつくと、マンゴーのない部分に物足りなさを感じているのだ。

マンゴーの滑らかな舌触りもやみつきになっていた

この「マンゴーバーガー」は、「フレッシュネスバーガー」の25周年を記念した商品で、なくなり次第終了となる。一見「合うのか?」と思ってしまうが、実際に食べてみないと分からない魅力的な商品だった。筆者はすでに虜になってしまっているので、あと3回は食べるつもりだ。「さすがに合わないだろう」と思った人も、ぜひだまされたと思って食べてみてほしい。

関連キーワード

人気記事

一覧

2017年7月26日の運勢

イチオシ記事

新着記事