【レポート】

ハウステンボス"水の王国"がお台場に! 夏全開・ウォーターパークの楽しみ方

海上に浮かぶウォーターアスレチックが話題の長崎・ハウステンボス「水の王国」。このアトラクションをモデルとした施設がこの夏、「お台場ウォーターパークbyハウステンボス」(7月15日~8月31日)として、初めて東京・お台場に上陸する。

約100mの「ウォーターロングスライダー」や直径20mの大プールなどが配され、子どもから大人まで幅広い年代が楽しめる内容となっているが、今回はファミリー向けに遊び方を紹介しよう。

「お台場ウォーターパークbyハウステンボス」が7月15日~8月31日の期間限定でオープン

100mを一直線に滑り抜けるウォータースライダー

ウォーターパークの注目ポイントは、何と言っても全5種類に及ぶウォータースライダーだろう。高さのあるもの、傾斜のあるものなどさまざまだが、ここで紹介したいのは長さ約100mにもなる「ウォーターロングスライダー」だ。

傾斜がゆるやかなので子どもと一緒でも安心!

傾斜がゆるやかなので、子ども連れでも安心して、流れを優雅に楽しむことができる。ただし、小学生未満は保護者の同伴が必要なので注意しよう。

浮き輪に乗って、準備OK

また、このスライダーを体験するには浮き輪が必要。持参することをオススメしたい。万が一忘れても、1回200円、終日500円でレンタルできる。

スタッフのお兄さんが全力で押してくれる

スライダーの最初や途中で、スタッフのお兄さんが背中を押してくれるのも楽しい。

100m先まで……いってらっしゃい!

時には自撮り棒などで写真を撮りながら、夏の思い出を作ってみるのもいいだろう。

水上アスレチックに巨大プールも!

一般的なプール会場ではあまり見られない、趣向を凝らしたアトラクションも見逃せない。ビニールプールの素材でできた壁や障害物を乗り越えていく「水上アスレチック」は、子どもたちのチャレンジ精神を引き出してくれそう。

さまざまな障害物が設置された「水上アスレチック」

壁をつたっていく障害物も

子どもたちのがんばる姿が見られるかも

また直径20mの巨大プールもなんと2つあるので楽しみ放題! それぞれ水深100cm、水深60cmとなっていて、子どもの成長に合わせて選んでみてほしい。

直径20mの巨大プールは2つもある!

ぷかぷか浮いているだけで楽しい

また水深の浅い子ども向けプールもあるので、泳げない子でも安心して遊べるだろう。

子ども用プールは水深が浅いので安心

冷たい水の中をすいすい進もう!

"急降下"のスリルも味わって

小学生以上の子どもであれば、より急な傾斜でスリルが味わえる「6レーン2段スライダー」「モンスタースライダー」も楽しめる。

傾斜が2段に分かれている「6レーン2段スライダー」

体験中の子どもたちもちょっぴり怖そう

急降下する「モンスタースライダー」もスリル満点

子どもが預けられるようであれば、パパ・ママは急降下後にカーブしながら急上昇する「ブーメランスライダー」、滑り降りた後に跳ね上がる「ジャンピングスライダー」にチャレンジしてみよう。高校生以上が対象の、高さ10mにも及ぶスライダーで、まるでジェットコースターのよう。今まで味わったことのないような体験ができるだろう。

急降下後にカーブしながら急上昇する「ブーメランスライダー」

最後に跳ね上がってふわふわのクッションに落ちる「ジャンピングスライダー」

レンタル品や休憩スペースも充実

思い切り遊んだら、時には休憩も必要。施設内には休憩スペースも完備されている。ただし、屋根のあるテントスペースは有料(1名1時間2,000円※ドリンク付き)。無料の休憩スペースには、芝生とスタンドが広がっている。

営業時間は昼の部(10時~17時)、夜の部(18時~21時)と分かれているが、それぞれの時間帯内であれば、再入場も可能だそうで、一度外に出て休憩し、戻ってくるのもいいだろう。更衣室やシャワー、トイレもあるが、授乳室は施設内ではなく、会場となっている「お台場みんなの夢大陸」内に設置されるそうなので、活用してみてほしい。

有料の休憩スペース

無料の休憩スペースには芝生とスタンドが広がる

また、水着や浮き輪、それにサンダルなどは、施設内で購入することも可能。レンタルも、大人の水着(S・M・L)は1,000円、子どもの水着(110cm~150cm)は500円、タオルは200円で行っている。ただし、浮き輪のレンタルは「ウォーターロングスライダー」に使うためのものしか行っていないので、注意しよう。かき氷や飲料なども現地で売っているが、外から飲食物を持ち込むことはできない。

足りないものがあれば現地で購入を

利用料金は昼の平日で大人(高校生以上)前売り2,300円・当日2,500円、子ども(3歳~中学生)は前売り1,800円・当日2,000円となる。土日祝日はそれぞれ200円ずつ料金が上がり、8月11~15日の期間(昼)、さらに高くなるのでご注意を。グループでの入場に際して、お得なチケットもある。

前売り券がお得だ

1日中楽しむことができそうな、「お台場ウォーターパークbyハウステンボス」。小学生までは終日、20歳以上の保護者の同伴が必要(夜は中学生以上も対象)なので、家族や友だちみんなで思う存分楽しい夏を過ごしてほしい。

※価格は全て税込

関連キーワード

人気記事

一覧

2017年11月21日の運勢

イチオシ記事

新着記事