【レポート】

楽天がバルセロナとスポンサー契約--三木谷氏「楽天ブランドの意味変わる」

1 バルセロナ「楽天とは共通の価値観」

  • <<
  • <

1/2

楽天は7月13日、スペインの名門サッカークラブ「FCバルセロナ」とのパートナー契約を7月1日よりスタートしたと発表した。「メイン グローバルパートナー」と「オフィシャル イノベーション&エンターテインメント パートナー」として、グローバルにおける楽天ブランドの認知向上とエコシステムの拡大を目指すという。

2017-2018シーズンのバルセロナユニフォームを持つ(左から)楽天 代表取締役会長 兼 社長 三木谷 浩史氏、FCバルセロナ リオネル・メッシ選手、ネイマール選手、ジェラルド・ピケ選手、アルダ・トゥラン選手、マーケティング&コミュニケーション担当 マネル・アローヨ氏

記者説明会には、楽天の代表取締役会長 兼 社長の三木谷 浩史氏とFCバルセロナのリオネル・メッシ選手、ネイマール選手、ジェラルド・ピケ選手、アルダ・トゥラン選手が登壇。また、クラブのマーケティング&コミュニケーションを担当するマネル・アローヨ氏も参加した。

楽天 代表取締役会長 兼 社長 三木谷 浩史氏

記者会見で三木谷氏は「(楽天が)20周年という素晴らしいタイミングでパートナーシップを発表できて嬉しい」と語り、かねてよりサッカーへの愛情を口にしていた三木谷氏にとって、特別なパートナーシップであることを強調した。

一方でマーケティング担当のマネル・アローヨ氏も、楽天について「(バルセロナと)共通した価値観を持っている。フットボールの未来を信じており、何よりフットボールを愛している」と語り、グローバルにおいてイノベーションを追求する楽天と共に「大きな道を切り開いていきたい」(アローヨ氏)とした。

ピケ選手「楽天はバルサファミリーの一員」

説明会に登壇したメッシとネイマール、ピケ、トゥランの4選手は、それぞれが楽天への感謝を述べるとともに、新シーズンなどへの思いを語った。特に、ジェラルド・ピケ選手は、かねてより三木谷氏と親交があり、今回のパートナーシップ締結に大きく寄与したと言われている。

「今回の発表は、単なるパートナーシップ以上のものであり、楽天は(バルセロナ)ファミリーの一員だと考えている。ミキタニサンは大変良くしてくださり、東京に、楽天に暖かく迎え入れてくれた。バルセロナと楽天に共通するのは、ただ仕事をするだけでなく『楽しむこと』も大切にしていることだ」(ピケ選手)

ネイマール選手は、日本にたびたび来日しており「いつも日本を楽しんでいる」と話したほか、トゥラン選手は「楽天とともにすべてのタイトルを取るつもりだ」と語った。またメッシ選手は、新たな監督を迎え入れたチームで今シーズンをどう戦うのか問われ「どういうチームになるのかまだわからないが、バレンシアやアスレティック・ビルバオで素晴らしい仕事をしていた。新シーズンのスタートが楽しみだし、今まで同様にマックスの状態でプレーに望みたい」と語っていた。

リオネル・メッシ選手

ネイマール選手

ジェラルド・ピケ選手

アルダ・トゥラン選手

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) バルセロナ「楽天とは共通の価値観」
(2) 5年数百億円の契約の中身
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事