【レポート】

新型・最高峰のマッサージチェアを体験 - フジ医療器の発表会から

1 体幹ほぐしなど12種類の部位集中技

  • <<
  • <

1/2

フジ医療器は6月27日、マッサージチェアの新製品発表会を開催。新製品は、最高峰モデル「CYBER-RELAX マッサージチェア AS-1100」(以下、AS-1100)、コンパクトサイズの多機能モデル「リラックスマスター マッサージチェア AS-690」(以下、AS-690)だ。いずれも7月1日発売で、価格はオープン。推定市場価格(税別)はAS-1100が488,000円、AS-690が258,000円。

AS-1100(右)とAS-690(左)をアンベールする代表取締役社長 中西広幸氏

製品のポジショニング。今回発表した2製品は、上位機種であることが示されている

AS-1100は、多彩な機能と高い性能を誇るマッサージチェアの王道的なポジションの製品だ。「一人ひとりが持つ悩みの解決」を開発コンセプトとしており、1954年に世界で初めてマッサージチェアを量産化して以来、積み重ねてきた膨大なノウハウと、多種多様なニーズに応えられる豊富な機能で、ユーザーの悩みに寄り添ったマッサージを実現する。

以前からの最高峰モデルとしての機能を余さず継承し、繊細なマッサージの動きやバリエーション豊富なもみ技、業界最多の21種類の自動コース、ユーザーの体型をセンシングして頭や足の位置に自動でフィットするといった、ユーザーニーズに裏打ちされた使い勝手の良い機能が満載だ。

AS-1100の製品開発コンセプトは「ソリューション(提案)」。マッサージ機能によるユーザーの悩み解決を目指す

新たに、部位に特化した集中マッサージコース「部位集中技」12種類と、脚部のマッサージ性を向上した「足裏つかみ指圧」という、大きく2つの機能を搭載した。「部位集中技」は、首すじから肩口にかけてのハリやコリに集中、肩甲骨のハリに集中といった、部位集中マッサージを6種類と、体幹をほぐすマッサージを3種類、首や背中のストレッチなど3種類の合計12種類で、いずれも7分間を1セットとするミニコースとなる。

後者の「足裏つかみ指圧」は足裏に専用ローラーを配置し、足首と甲のエアーバッグを同時に作動することで、まるでマッサージ師が指でつかんで指圧しているかのようなマッサージを実現している。

このほか、従来モデルからの足裏用のヒーターに加え、背もたれの中央に背骨に沿うように縦型のヒーターを搭載。身体を温めることで、より早くリラックスでき、マッサージ性も増すという。本体サイズはW960×D1,380~2,000×H1,250~740mm(リクライニングしていない時~した時)。重量は約78kg。カラーはブラック(BK)、ベージュ(CS)の2色。

12種類の部位集中技のうち、3つを体幹のほぐしとストレッチに割り当てる。膝下から足裏の疲れを癒やす脚集中マッサージも新搭載

足裏マッサージは、プロのマッサージ師の指圧を再現すべく開発した

AS-1100でマッサージ中の様子。AS-690の立て看板が出ているが、これはAS-1100。フルサイズなので、ベッドで横たわるように足を伸ばせる。これは寝られる

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 体幹ほぐしなど12種類の部位集中技
(2) コンパクト性、上質なマッサージ性能、リラックス性にこだわり
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事