【レポート】

タカラトミー「プリントス」の破壊力 - "手軽で簡単"突き詰めた簡易プリンターが「東京おもちゃショー」で存在感

東京ビッグサイトで開催中の日本最大級の玩具見本市「東京おもちゃショー」(会場:東京ビッグサイト 日程:商談見本市6月1・2日、一般公開3・4日)タカラトミーブースにて、あるアイテムのコーナーに人だかりができていた。注目を集めていたのは、同社が9月に発売を予定しているスマホ写真簡易プリンター「プリントス」だ。

「プリントス SAKURA」

「プリントス」は、スマートフォンで撮影した画像を簡単にプリントすることができる簡易プリンター。幅広い世代がスマホに触れるようになり、その使い方が多様化する中、スマホによって写真を撮ることが当たり前になっていることを背景に開発された。簡易プリンター自体は目新しいものではないが、この「プリントス」のすごさは"手軽さ"と"簡単さ"が突き詰められたところにある。

まず「プリントス」は、スマホアプリを必要とせず、フィルムも市販のインスタントフィルムでプリントできるため専用のフィルムもいらない。「プリントス」自体にはバッテリーさえ必要としないのだ。さらにその使い方はといえば、スマホをのせて、ボタンで撮影。あとはダイヤルをまわしてインスタントフィルムを排出すればできあがりという簡単さなのである。

機器自体も折りたたんでコンパクトに持ち運ぶことができ、カジュアルなカラーリングもあいまって、"とりあえず"バッグの中で出番を待たせても負担にならない日々の相棒向き。しかもそれが3,480円(税別)という手に取りやすい価格。会場では、国内だけでなく、海外の企業関係者からも熱い視線が注がれていた。若者のあいだでインスタントカメラや使い捨てカメラの人気が再燃している中、市場で大きな存在感を発揮しそうだ。

「プリントス」は「SAKURA」「SORA」「SUMI」の3色展開で、9月下旬発売予定。7月27日より予約が開始される。

(C)TOMY

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事