【レポート】

「老い」の原因は年齢のみならず! 紫外線による光老化の恐怖に迫る

1 顔のシミ・シワの約80%は光老化が原因

  • <<
  • <

1/2

ここ最近、ビジネスシーンで「見た目印象」が大切な要素として見直されている。「実年齢よりも若々しく見える方法」「なりたい自分になる方法」など、見た目印象を良くするためのセミナーやレッスンなども開催されており、今後もこのニーズはさらに高まっていきそうだ。

紫外線は肌の老化を促進させる

その一方で、年齢を重ねると現れるシミやシワ、くすみ、たるみなどのエイジングサインを「年をとったから」と諦めてはいないだろうか。だが、それは間違い。東京女子医科大学皮膚科医教授・講座主任 川島眞先生は「シミやシワは紫外線による影響がほとんど。これら紫外線による肌老化は、紫外線ケア次第で遅らせることもできるのです」と語る。今回は、紫外線がもたらす肌の影響について、川島先生に詳しくうかがった。

肌老化のほとんどは光老化が原因

若い頃は気にならなかったけど、ある年齢を超えるとシミやシワ、ほうれい線などのエイジングサインが気になり始めて……という女性は多い。ほとんどの人は、その原因を年齢のせいにしているかもしれない。間違いではないが、それだけではないという。

皮膚の老化には、年齢を重ねるとともに発生する「自然老化」がある。これは誰にでも起こりうる現象であり、「肌老化=加齢」という認識を持っている人も多いはずだ。だが、最近の研究で肌老化は加齢以外にも原因があるということがわかった。それが「光老化」だ。

老いを加速させる紫外線と光老化の関係とは

ここで考えなければならないのが、紫外線と光老化の関係性。太陽光線の中で地球に降り注ぐ主な波長には「UVA」「UVB」の2種類がある。これらの紫外線にさらされているとシミやシワ、たるみなどのエイジングが発生する。

例えば海水浴やプール、山登りなどの屋外にいる時間が多いアクティビティーでは、UVAはもちろん、特にUVBに注意が必要。UVBは皮膚の表皮に侵入し、赤くヒリヒリする日焼けを起こしたり、シミの原因になったりする。

一方で、屋内にいても注意が必要なのはUVA。皮膚の表皮の部分からさらに深い真皮とよばれる部分にまで侵入し、シミの一因となるだけでなく、真皮のハリや弾力を司る「バネ」となる線維を傷つけてしまい、シワをつくる原因にもなってしまう。

光老化は紫外線の強さと浴びる時間によって起こるとされており、実際、顔のシミやシワの約80%は光老化が原因で起こっているという。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 顔のシミ・シワの約80%は光老化が原因
(2) 紫外線をどれだけ理解できてる?
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事