【レポート】

無冠の女王・高垣楓が第六代シンデレラガールへ! - 『アイドルマスター シンデレラガールズ』第6回総選挙速報

『アイドルマスター シンデレラガールズ』のライブイベント「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」宮城公演が2017年5月13日~14日、セキスイハイムスーパーアリーナにて開催された。今回は14日公演で発表された「第6回シンデレラガール総選挙」の結果を速報する。

シンデレラガール総選挙は、ゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』内で毎年行われてきた投票イベント。第6回シンデレラガール総選挙は2017年4月10日~5月9日に渡って投票が行われた。第1位のアイドルはシンデレラガールの称号と共に新規Sレアカード化されるほか、上位入賞アイドルたちによる新曲CDが後日リリースされるなどの豪華な特典も用意されている。単純な人気投票というよりは、その時々で活躍してほしい、輝いてほしい、(CD参加の副産物としての)声がついてほしい、と言った時代の流れや気分も大いに反映した結果になることが多い印象だ。

宮城公演2日目アンコール中、スクリーンの千川ちひろより「第6回シンデレラガール総選挙」の最終結果(上位10名)が発表された。

第6回シンデレラガール総選挙・最終結果

第1位 高垣楓 (クール)
第2位 本田未央 (パッション)
第3位 藤原肇 (クール)
第4位 荒木比奈 (クール)
第5位 喜多見柚 (パッション)
第6位 佐久間まゆ (キュート)
第7位 村上巴 (パッション)
第8位 北条加蓮 (クール)
第9位 関裕美 (キュート)
第10位 鷺沢文香 (クール)

第1位 高垣楓

第2位 本田未央

第3位 藤原肇

第4位 荒木比奈

第5位 喜多見柚

第6位 佐久間まゆ

第7位 村上巴

第8位 北条加蓮

第9位 関裕美

第10位 鷺沢文香

なお、総選挙記念CDには各タイプ3位までが参加するため、キュートからは第11位の緒方智絵里も参加する。関裕美や中間発表ベスト10外からジャンプインの村上巴、さらには喜多見柚、荒木比奈といったボイス実装が期待される面々にはいずれ劣らぬ大歓声が巻き起こった。3位の藤原肇、2位の本田未央の名前が登場した時点で1位が誰であるかは誰もが予期していたが、人気・実力を誰もが認める高垣楓の初戴冠に、会場は爆発的な祝福の歓声に包まれた。

さらに今回は、同時期に『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』で「楽曲総選挙」を開催。ソロ曲部門とユニット曲部門の投票を行い、ソロ1位楽曲を「第6回シンデレラガール総選挙」第1位アイドルが、ユニット曲1位をクール・キュート・パッション三タイプの各1位が結成したスペシャルユニットが歌唱する新録バージョンを制作する趣向だが、各部門で1位となった楽曲と歌唱担当アイドルの組み合わせは以下の通り。

■ソロ楽曲部門
第1位「こいかぜ」 ※新録決定。新録担当アイドル:高垣楓

■ユニット楽曲部門
第1位「Tulip」 ※新録決定。新録担当アイドル:高垣楓、本田未央、佐久間まゆ

「こいかぜ」は言うまでもなく、「THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 004」に収録された高垣楓のソロ曲。彼女のために作られた壮大な楽曲を第1位に押し上げたところにも、高垣楓担当Pの絶対に彼女をシンデレラガールにするという断固たる決意を感じる。約5年ぶりに早見沙織が歌う「こいかぜ」がどんな表現になるのかを楽しみにしたい。なお、早見演じる高垣楓は中間発表でも第1位となっている。これまで総選挙で第3位2回、第2位1回という実績を残してきた無冠の女王が、ついに頂に立った瞬間だった。

仙台では松嵜麗演じる諸星きらりが中心になって大成功となったシンデレラ初のツアー。次は5月27日~28日、シンデレラライブ初開催の地・石川公演が予定されている。

(C)窪岡俊之
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事