【レビュー】

ポケットに入る超小型自撮りドローン「AirSelfie」をじっくり遊ぶ - 所有感抜群だけどかなりのじゃじゃ馬

1 空中から撮影するドローン型セルフィー

  • <<
  • <

1/2

スマートフォンと一体化するポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラ「AirSelfie」の出荷が5月上旬から開始されました。初回出荷に先駆けてAirSelfie社より製品版を借用したので、じっくり飛行&撮影を楽しんだ上でのレビューをお届けいたします。

ポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラ「AirSelfie」

AirSelfieには、機体を収納・充電するスマートフォンケース「パワーケース」とのセットモデルが31,598円(税込)、大容量バッテリーを内蔵したケース「パワーバンク」とのセットモデルが32,818円(税込)で用意されています。

パワーケースは1,800mAh、パワーバンクは12,600mAhのバッテリーを搭載しており、パワーバンクは260mAhのバッテリーを内蔵するAirSelfieを約20回フル充電可能です。ちなみにパワーケースはiPhone 6 / 6s / 7用とGalaxy S7 edge用が用意されており、パワーバンク単体は10,004円で購入可能です。今回はパワーバンクとのセットモデルを借用したので、それをもとにしたレビューとなります。

AirSelfieの主なカタログスペック

  • ボディ:アルマイト加工アルミ製
  • 動画解像度:1,080p/30fps
  • 静止画解像度:2,592×1944ドット
  • イメージセンサー:500万画素
  • 記録媒体:microSDカード4GBを内蔵
  • センサー:ジャイロ/気圧/磁気センサー
  • バッテリー:260mAh、7.4V
  • 連続飛行時間:約3分
  • 充電時間:フル充電約40分、10分間で約50%充電
  • 接続方式:2.4GHz Wi-Fi
  • サイズ/重量:幅67.4×奥行き94.5×高さ10.6mm/重量61g

本体上面。プロペラの外周側はガードされていますが、上から触ることは可能です

本体底面。中央には上から電源スイッチ、ソナーセンサー、ビジュアルセンサーが配置されています。ソナーセンサーは地面との距離を測定して高度を保ち、ビジュアルセンサーは地面の模様などを撮影して前後左右の位置を調節します

本体前面にはオートフォーカス機能を備えた500万画素カメラが搭載されています

本体背面にはUSB端子が用意されており、パワーケース、パワーバンクやPCとの接続に利用します。なお汎用のモバイルバッテリーを直接つないでAirSelfieを充電することは推奨されていません

本体右側面は青いLEDが内蔵されています。電源オンで点灯し、1回点滅で写真撮影、ゆっくり点滅で動画撮影していることを示します

本体左側面は赤いLEDが埋め込まれています。充電時に点灯し、充電が終了すると消灯します

AirSelfieのサイズは幅67.4×奥行き94.5×高さ10.6mm、重量61g。実際に持ってみると非常に軽く感じますが、アルマイト加工アルミ製のボディに安っぽさはみじんもありません。価格なりの所有感を満たしてくれるデザインです

同梱物一覧。左上からAirSelfie本体、衝突保護プロテクター、パワーバンク、microUSBケーブル、USB A→microB変換アダプター、Instruction Manual(英語)、PRE-FLIGHT CHECK LIST(英語)。なお実際に購入者に発送されている製品版には、これらに加えてスペアのプロペラが4枚同梱されています

室内で飛行する際には慣れるまで衝突保護プロテクターを装着しておきましょう

パワーバンクにAirSelfieを装着すると自動的に充電が始まります。今回の貸し出し機(製品版)はパワーバンクのマイクロUSB端子が微妙に傾いていてAirSelfieを奥まで挿せなかったので、マイクロUSB端子の傾きを微調整してから利用しました

AirSelfieへの充電はパワーケース、パワーバンクが推奨されていますが、パワーバンクは汎用のモバイルバッテリーなどで充電可能です

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 空中から撮影するドローン型セルフィー
(2) 意外とじゃじゃ馬! 実際に飛ばしてみた
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事