【ハウツー】

「Apple IDサインインが要求されました」という通知が届きます!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『「Apple IDサインインが要求されました」という通知が届きます!?』という質問に答えます。

***

iOS 10.3が公開されてからというもの、この「Apple ID サインインが要求されました」という通知を受け取る回数が増えたというユーザが急増中です。理由はかんたん、認証を二重化することでセキュリティを高める「2ファクタ認証」の利用をAppleが強く推奨しはじめ、それに従うユーザが増えたからです。そう、この通知が届くようになった原因は2ファクタ認証を有効にしたことにあります。

「Apple ID サインインが要求されました」という通知は、2ファクタ認証が有効なApple IDにパスワードログインしようとした直後に送信されます。この通知自体は怪しいものではなく、2ファクタ認証の正しい手続きで生じるものですから、ダイアログの「許可する」をタップすると現れる6桁の数値を(パスワードログインを試みた)端末画面に入力するだけのことです。

最近Apple IDを用いるパスワードログインを試みた記憶がない、6桁の数値の下に表示される地図が現在地から遠く離れているという場合には、誰かが不正に自分のApple IDへのサインインを試みている可能性があります。そんなときは、ダイアログの下部にある「許可しない」をタップすれば、サインインを拒絶できます。なお、6桁の数値は通知のたびに発行される使い捨てのものですから、忘れてかまいません。

サインインを拒絶すると、Apple IDのパスワードを変更するかどうか訊ねられますから、不正アクセスの疑いが濃厚な場合は画面の指示に従い変更手続きを進めましょう。その際、Apple IDのパスワードは8文字以上、かつ数字/英小文字/英大文字のをすべて含める必要があります。

「Apple ID サインインが要求されました」という通知は2ファクタ認証によるもので、不正アクセス防止に役立ちます

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事