【レポート】

小ネタも注目! ディズニーシー「ニモ&フレンズ・シーライダー」の楽しみ方

みなさま、こんにちは! ディズニー大好きな吉田よしかです。今回は、東京ディズニーシーのポートディスカバリーに満を持して登場する新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」のレポートをいたします!

「ニモ&フレンズ・シーライダー」がついに登場!

まずは、身長チェック!

「ニモ&フレンズ・シーライダー」は、5月12日にグランドオープンする新アトラクション。ニモファンにはたまらない要素がたっぷりの、体感シアタータイプのアトラクションです。

大きく左右に揺れたり、ぐらぐらと振動したりする場面があるため、乗り物酔いに弱い方はご注意ください。また、妊娠中の方、および身長90cm未満の場合は乗車できません。「せっかくファストパスを取ったのに乗車できない……」なんてことにならないよう、まず、東京ディズニーシーの入り口に入ってすぐの場所にあるインフォメーションボードのところでキャストの方に身長を測ってもらいましょう!

子ども連れのゲストは身長のチェックを忘れずに

ここで身長制限をクリアしていれば、キャラクターの絵がついたリストバンドを着けてもらえます。これで安心して列に並んだり、ファストパスを取りに行けたりしますね。

いざ、ニモ&フレンズ・シーライダーへ!

ニモやマーリン、そしてドリーたちにも会える「ニモ&フレンズ・シーライダー」は、以前「ストームライダー」というアトラクションがあった場所に登場しています。建物の外には、以前はなかった屋根と送風機が付いたため、悪天候でも並ぶのが大変楽になりました。

また、アトラクションの付近にはディズニー/ピクサー映画「ファインディング・ドリー」に登場するタコのハンクや、かわいいラッコたち、岩場を2人占め(?)しているアシカのフルークとラダー。そして岩の上になかなか乗せてもらえないアシカのジェラルドの姿も見えます。

タコのハンク。アトラクションからはちょっと離れた場所にいます

かわいいラッコたち。水中にはナマコの姿も!

岩場にはアシカのフルークとラダーが。ジェラルドもいます

「ホライズンベイ・レストラン」前の水辺には、なにやら貝殻が並べてあるのが見えますね。これは忘れん坊のドリーが道に迷わないよう、ドリーの両親が貝殻を並べたもの。「ファインディング・ドリー」に登場するエピソードが元なので、映画を鑑賞してから体験するとより世界観を楽しめます。こういった作り込みも、アトラクションに入る前のワクワクをさらにアップさせてくれますよね!

「ホライズンベイ・レストラン」前の波打ち際に並んだ貝殻。映画ファンにはたまらない演出ですね!

ここはアトラクションに乗らなくともどなたでも写真撮影できるスポットなので、是非記念写真を撮りましょう。バケツに入ったドリーやベッキーの姿も見ることができますよ。

ドリーもいます

海の仲間たちと一緒に、隠れミッキーも!?

さぁ、いよいよ建物内へ。まずは入り口付近にある魚のモニュメントにご注目。

たくさんあるシルエット(ニモやマーリン、クラッシュたち)の中にどうやらミッキーも遊びに来ているようです!? 並んでいるときに、探してみましょう。

アトラクション入り口の魚のモニュメントには、隠れミッキーも!

海洋生物研究所の中に入ると、壁には様々な魚たちの絵が描かれています。よく見ると、人間もいますね! プレショーが始まる前の待ち時間でもいろんな魚たちを見たり、泡になって浮かび上がる隠れミッキーを探したりもできるので、時間がたつのもあっという間。

建物内部の壁には魚たちが描かれています

潜水艦「シーライダー」

上部のスクリーンには泡でできた隠れミッキーも出現

プレショーでは、私たちゲストが魚たちを怖がらせず、安心して近づくことができるよう開発された「チヂミニウム」製の潜水艦の説明を受けます。

プレショーでは「シーライダー」に驚きの演出が! 実際に体験してのお楽しみです

魚サイズに小さく縮んだ潜水艦「シーライダー」に乗って海の世界に出発! さて、どのような冒険が待ち受けているのでしょうか?

シーライダーに乗った私たちが海の中で遭遇するのはニモやマーリン、そしてドリーたち。もちろんそのほかにも、先に紹介したタコのハンクをはじめディズニー/ピクサー映画「ファインディング・ニモ」をご覧になった方にはおなじみの、懐かしい海の仲間たちとの出会いが待っているかもしれません。

魚の目線で海の旅に出発!

シーライダーに乗るたび、様々な海の仲間たちとの出会いが待っています。誰に会えるかは海に潜ってからのお楽しみ! さぁ、みんなでニモたちと青い海を探検しましょう!

※価格は全て税込

(c)Disney/PIXAR

著者プロフィール: 吉田よしか(ヨシダヨシカ)

東京ディズニーランドが開園した1983年以降、30年以上に渡りパークに通い続けているディズニーの達人。年間300日以上パークに足を運び、最新情報やディズニー関連情報などを毎日紹介するAmeba公式ブログ『吉田さんちのディズニー日記』は1日平均50万PVを誇る。
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事