【ハウツー】

「モバイルデータ通信」をオフにするとどうなるの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『「モバイルデータ通信」をオフにするとどうなるの?』という質問に答えます。

***

『設定』→「モバイルデータ通信」にある「モバイルデータ通信」スイッチをオフにすると、携帯電話会社が提供する通信サービスのうちデータ通信が完全にオフになります。モバイルデータ通信をオフにしているかぎり、パケット通信料が発生することはありません。月末近いときなど、パケット通信を徹底して節約したいときには有効な方法といえるでしょう。

モバイルデータ通信スイッチをオフにすると、セルラー回線を経由してのデータ通信(パケット通信)はできなくなりますが、Wi-Fiに接続していればWEBブラウジングやインターネットメールの送受信は実行できます。通知機能も変わらず動作しますし、インターネット接続を必要とするアプリの動作にも支障はありません。iMessageを利用したメッセージの送受信も、変わらず利用できます。

あくまでデータ通信の使用停止ですから、携帯電話や固定電話との音声通話には影響ありません。電話をかけることも、受けることも可能です。SMSも変わらず利用できますが、MMSはキャリアによって対応がわかれ、NTTドコモとauはWi-Fiに接続していればリアルタイムで受信通知を受けることができますが、ソフトバンクはWi-Fiに接続していても受信通知はありません。

なお、4G/LTE対応のiPhoneでモバイルデータ通信をオフにすると、通信のオプションで「データ通信のみ」を選択できなくなります。「音声通話とデータ」も選択肢から消え、代わりに「音声通話」が現れます。

モバイルデータ通信スイッチをオフにすると、データ通信はできなくなりますが、音声通話やSMSは変わらず利用できます

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事