【ハウツー】

通話中に調べものしたくなったとき、どうすればいいの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『通話中に調べものしたくなったとき、どうすればいいの?』という質問に答えます。

***

iPhoneで通話中に調べものをしたくなること、ありますよね。『Safari』でWEB検索したい、『カレンダー』アプリでスケジュールを確認したい、メールに書かれていた内容をチェックしたい……しかし、iPhoneは耳もとにあるのでどうにもなりません。こんなことなら前もって使いかたを調べておけばよかった、そういう話をよく耳にします。

そんなときは、まず「iPhoneを耳から離す」ことから始めましょう。iPhoneには近接センサー(付近にある物体を検出するセンサー)が内蔵されており、通話中は耳のすぐそばにあることを検出して画面を消灯し、耳から離すと画面を点灯する働きがあります。だからiPhoneを耳から離すと、『電話』アプリの画面が表示されるはずです。

次に、その画面で「スピーカー」ボタンをタップしましょう。このボタンは、相手の声を内蔵スピーカー(またはBluetoothイヤホン/ヘッドセット)に切り替えるだけでなく、近接センサーの働きを無効化します。iPhoneを耳から離した状態でも通話できるようになる、というわけです。

それから、ホームボタンをクリックして『電話』アプリを閉じます。画面上部に緑色で「タッチして通話に戻る」と表示されているはずです。そして『Safari』や『メール』、『カレンダー』などのアプリを起動して必要な作業を行いましょう。『電話』アプリはバックグラウンドで動作しているため、内蔵スピーカーから聞こえる相手の声と通話を続けることができます。

調べものが完了したら、画面上部の「タッチして通話に戻る」をタップし、『電話』アプリに戻りましょう。あとは「スピーカー」ボタンをタップして平時のスタイルに戻り通話を続けるもよし、通話を終了するもよし、使いかたは自由です。

通話中に調べものしたくなったら、iPhoneを耳もとから話して「スピーカー」ボタンをタップしましょう

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事