【レポート】

語学学習の「ロゼッタストーン」を4,980円で販売、小型のAI翻訳機も開発中 - ソースネクストが仕掛ける"次の常識"とは

1 語学学習の障壁を克服

  • <<
  • <

1/2

ソースネクストが、言語学習サービス世界最大手のロゼッタストーンと協業したユニークな施策を展開する。語学ソフト「ロゼッタストーン」を破格で販売するほか、AIを利用した「小型の自動翻訳機」も年内に発売する予定だ。ソースネクストの狙いはどこにあるのだろうか。26日に開催された説明会で、同社 代表取締役社長の松田憲幸氏が説明した。

ソースネクストが、言語学習サービスを提供する世界最大手のロゼッタストーン社と協業したユニークな施策を展開する

最近は訪日外国人が急増しており、東京オリンピックが開催される2020年には、約3,700万人もの客数が見込まれている。外国語学習の需要増が期待されている中、ソースネクストは3月に「ロゼッタストーン」の国内独占販売権を取得。4月26日にはロゼッタストーンの日本法人を完全子会社化した。松田氏は「英語以外の言語のニーズも高い」と話し、24言語に対応したロゼッタストーンの販売に自信をのぞかせる。同社が掲げる売上目標「2020年までに国内市場で100億円」も、決して届かない数字ではないという。

ソースネクスト 代表取締役社長の松田憲幸氏(左)。2020年には約3,700万人もの訪日外国人客数を予想、英語以外の言語に対する市場のニーズも高い

語学学習の障壁を克服

ところで語学学習では、どんなことが障壁になるのだろうか? かくいう筆者も、社会人になってから趣味でドイツ語を学習している身。その立場から言わせてもらうなら、いまさら趣味の語学教室に何十万円もかけられない (家賃が払えなくなってしまう)。また、目的に沿った教材がなかなか見つからないのももどかしいところだ。ひとくちに"語学教材"と言っても、「外国を旅行するため」「資格試験のため」「外国の書籍を読むため」に必要な語学力は、各々でまるで異なるため、自分に最適な教材にめぐりあうまでに苦労している。また、勉強時間を確保する難しさも感じているのだが、こうした悩みは語学学習者に共通のものだろう。

どんなことが語学学習の障壁になる?調査によれば「お金をかけられない」「時間がない」との回答が多かった

ソースネクストでもそのあたりは調査済み。まずは、語学ソフト「ロゼッタストーン」を定価27,593円(税別、以下同)の8割引となる4,980円で販売する。これは先着30万本限定で、ビックカメラ、ヨドバシカメラなどの家電量販店で展開していくという。

教材はラインナップを拡充する方針で、例えば英語では新たに中級・上級編(ビジネス向け)のほか、TOEIC対策、TOEFL対策に特化した個別の製品なども発売する。学習指導要領の拡大により小学5年生から英語が必須になることを受け、子ども向けに「For Kids」を、また発音を鍛えたい学習者向けにはヘッドセット同梱版も用意した。2020年までに50ラインナップ以上に拡充するとのことだ。

語学ソフト「ロゼッタストーン」を定価27,593円の8割引となる4,980円で販売。ビジネス英語、TOEIC対策、子ども向けなど製品も拡充していく

同社では「ロゼッタストーン プラットフォーム」として、ユーザーの学習を支援するサービスも開発中。PCに限らずスマートフォン、タブレット端末でも学習できる機能が実装される。学習進度はクラウドで同期できるので、家で学習した続きを通勤電車で行うことも可能になるという。プッシュ通知で学習の再開を促す機能もあり、(筆者を含めた)怠けがちの学習者にとっては嬉しい限り。

「ロゼッタストーン プラットフォーム」として、ユーザーの学習を支援するサービスも開発中

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 語学学習の障壁を克服
(2) "同時通訳"デバイスも年内発売
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事