【レポート】

ソニー「α9」、別次元のスピード性能を体験 - フルサイズ秒間20コマの無音連写は真のデジタル時代を象徴か

1 693点AFとブラックアウトフリーで被写体を逃さない

  • <<
  • <

1/2

ソニーが4月21日に発表した「α9」は、有効約2,420万画素の35mmフルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラだ。4月27日から予約を開始し、5月26日の発売予定、価格はオープン、推定市場価格は500,000円前後(税別)となっている。報道向けに説明会&体験会も開催され、わずかな時間だが実機に触れることができたので、説明会の内容とともにお伝えしよう。

同時に、高級レンズ「G Master」から、フルサイズEマウント向けの超望遠ズームレンズ「FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」も発表された。予約開始日は未定だが、7月の発売予定、メーカー希望小売価格(税別)は320,000円となっている。

α9とFE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS。写真のα9はオプションの縦位置グリップが付いた状態

別次元の「スピード」性能

α9が主に想定するシーンはスポーツ撮影やプロの報道現場で、特に力が入っているのがスピード性能だ。技術的な詳細は省くが、世界初(ソニー調べ)となる「メモリー内蔵 35mmフルサイズ 積層型CMOSイメージセンサー」(Exmor RS)を搭載し、現行モデル「α7 II」の撮像素子(裏面照射型CMOSイメージセンサー)と比較したとき、約20倍のセンサー内(情報)読み出し速度を実現した。

これにより、電子シャッター使用時において、最高20コマ/秒の連写や、電子シャッターながら動体歪みの少ない写真を記録できる(α9はメカシャッターも装備)。最大シャッタースピードは、電子シャッターが1/32,000、メカシャッターが1/8,000だ。最大ISO感度は、拡張時でISO50~204,800となる。

メモリー内蔵 35mmフルサイズ 積層型CMOSイメージセンサー

実機とデモンストレーションで驚いたのは、ブラックアウトのない連写、被写体への追従性、無音・無振動の連写だ。ブラックアウトとは、連写時の撮影と撮影の間にファインダー内が瞬間的に暗くなることをいう。α9のファインダー(EVF)は約369万画素の有機ELで、毎秒60フレーム(60fps)で書き換えている。撮像素子の高速性と相まって、すばやく動く被写体を、EVFからロストせずに追いやすい。連写以外では、EVFのリフレッシュレートは60fpsか120fpsを選べる。

電子シャッターで撮った写真で「動体の歪み」がほとんど出ない

693点の位相差検出方式AFポイント(α9機能説明ビデオから)

被写体への追従性を高めているのは、毎秒60回というAF/AE演算と、実に693点という位相差検出方式のAFポイントだ(25点のコントラスト検出方式も装備)。像面のAFカバー率で93%を達成しており、高速で動く被写体を20コマ/秒で連写していても、ピントをほとんど外さない。記録した写真を等倍表示でシビアに判定しても、約90%は狙ったところにピントがきている(例えば、ドリブルしているサッカー選手の顔など)。

そして無音・無振動の連写。α9を構えてシャッターを押し続けたとき、本当に音と振動が伝わってこなかった。テニスやゴルフなど「音」に敏感なプロスポーツ現場、静寂なコンサート現場などで活躍するフォトグラファーに対して、強烈にアピールするに違いない。なお、電子シャッター音を鳴らしたり、連写中に液晶モニタ内で四角い枠を点滅させたりと、連写中であることをユーザーに伝える設定も可能だ。

3.0型で約144万ドットのタッチパネル液晶モニター。上に約107度、下に約41度のチルトが可能

EVFの視野率は100%、倍率は約0.78倍

35mmフルサイズ、高速連写という仕様から、記録メディアにも高速なものが求められる。α9は2つのメディアスロットを備え、SROT1はUHS-IIのSDHC/SDXCメモリーカードに対応している。SLOT2は、UHS-IのSD/SDHC/SDXCメモリーカード、およびメモリースティック(PROデュオ・PRO-HGデュオ・マイクロ)が使えるマルチ仕様だ。また、4K(3,840×2,160ドット)/30fpsの動画記録にも対応している。

α9の基板

α9のフレーム

上面と背面のインタフェース。本体の右底面に見えるのは、オプションの「グリップエクステンション」だ。上面の左側にはドライブモード/AFモードダイヤル、右側にはモードダイヤルと露出補正ダイヤル。背面では、4方向ダイヤルと、その上にあるマルチスティックに注目

ドライブモード/AFモードダイヤルは上下2段の構造。どちらもボタンを押しながら回す

右側面には2つのメディアスロット。同時記録や振り分け記録を設定できる

G MASTER「FE 100mm F2.8 STF GM OSS」を装着

G MASTER「FE 24-70mm F2.8 GM」を装着

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 693点AFとブラックアウトフリーで被写体を逃さない
(2) 真のデジタル時代、幕が開けるか
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事