【レポート】

NHK『おやすみ日本』に世界のテレビ関係者が熱視線「これまでにない新しさ」- 国際映像見本市「MIPTV」(後編)

1 『ダウンタウンDX』の"トスポ"も登場

  • <<
  • <

1/2

フランス・カンヌで世界最大級のテレビ番組見本市「MIPTV」(ミップティービー)が4月1日~6日に開催。レポート前編は、現地で公式プレミア上映されたドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(カンテレ・フジテレビ系 毎週火曜21:00~)に出演する西島秀俊に会場で直撃し、その思いを伝えた。

今回の後編では、カンヌで評価を得たバラエティ番組を中心に、日本のコンテンツが注目された場面をレポートする。

テレビ局8社が横並びでアピール

『ダウンタウンDX』のトスポ(右)

現地時間の1日昼には、約1時間にわたって、日本の番組を紹介する「トレジャー・ボックス・ジャパン ワールド・プレミア最新フォーマット」を開催。収容人数2,000人というカンヌ国際映画祭の授賞式と同じ会場で、各国から参加した多くの番組バイヤーやテレビ業界関係者が集まった。

プレゼンテーションを行ったのはNHK、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ、朝日放送、読売テレビの8社。日頃は視聴率競争する相手だが、この日ばかりは一丸となって、日本のバラエティの企画力をアピールする姿がみられた。日本の放送局が横並びになる光景は、日本ではなかなかないシチュエーションだが、ありとあらゆる世界のバラエティ番組が上映され、売り買いされる場所では、こうした一致団結の必要性もあり、続けられている。

プレゼンスタイルはショーアップ演出で、日本らしく抜かりない。他国では一発勝負に打って出る場合をよく目にするが、日本チームは各局の登壇するプレゼンターが毎度リハーサルをへて、真剣そのもので本番に臨む。

PRする番組は毎回、新たなものが持ち込まれている。国際的にバラエティの売買は、番組のエッセンスを抽出した「フォーマットセールス」と呼ばれる方法が主流で、地域に合わせて各国でローカライズできそうな番組が世界セールス用の番組としてラインナップされている。

今回、NHKは『おやすみ日本 眠いいね!』、日本テレビは『あの場所で待ってます』と『芸人ゴーストライター』、読売テレビは『ダウンタウンDX』、テレビ朝日は『世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団』と「運命の3DAYS」、朝日放送は『味ルパン~そのメニュー、盗ませていただきます』、TBSは『KUNOICHI』、テレビ東京は『母ちゃんに逢いたい!』、フジテレビは『人生再生資金』と『とんねるずのみなさんのおかげでした』を発表した。

バラエティ番組で攻勢をかけるフジ

具体的に、『ダウンタンDX』を発表した読売テレビは、番組キャラクター「トスポ」を登場させ、名物コーナー「視聴者は見た!」などを売り込んだ。いくつものコーナーで構成されている日本のバラエティは、コーナーだけが切り売りされることもよくあり、番組コーナーから世界ヒットした番組と言えば、フジの『―みなさんのおかげでした』がその代表例にあたる。

人気コーナー「モジモジくん」で行われるゲームのひとつ、「脳カベ」はイギリスの世界最大手制作販売会社・フリーマントルメディアが目をつけて仕掛けた結果、世界52カ国に売れた。今回フジは、この「脳カベ」ニューバージョンを打ち出し、ラインナップのひとつに発表した。

フジテレビのセールス番組企画

バラエティ番組セールスで評価を得ているフジは他にも、『その行動イエローカード~8人の専門家からの警告~』という芸能人の私生活をのぞき見しつつ、スペシャリトがいろいろな角度からダメ出しする情報バラエティも売り出し、MIPTVプレイベントの「MIPFormats」(ミップフォーマッツ)で、世界が注目するリアリティショー番組のひとつに選ばれる場面もあった。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 『ダウンタウンDX』の"トスポ"も登場
(2) プレゼン中に拍手と歓声があがった番組
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事