【レポート】

『僕のヒーローアカデミア』VS『ワンパンマン』、正反対のヒーロー対決の行方は!? - 「めちゃコミック」少年漫画ランキングを発表

今どんな漫画が読まれているのか!? 月間850万人が利用する電子書籍配信サービス「めちゃコミック」で配信されている作品から、先週のダウンロード数を集計してランキングを作成。今回は少年コミックランキングをお届けします。今週はいよいよアニメ2期がスタートした『僕のヒーローアカデミア』がランクイン。ほかにも妄想女子のキュートな姿を描く『淫らな青ちゃんは勉強ができない』など注目作が並びました。果たして1位に輝くのは!?


悪魔を祓う若き祓魔師の成長描く…だけじゃない!?

10位『青の祓魔師』(加藤和恵/集英社)

『青の祓魔師』(C)加藤和恵/集英社

「次はどうなるかが気になって夜も眠ることができない」「キャラも良いが、主人公の出生の設定が魅力的」(レビューより)


官能小説家の父ゆずりのエロ妄想が暴走! 女子高生・青ちゃんは受験を乗り切れるか!?

9位 『淫らな青ちゃんは勉強ができない』(カワハラ恋/講談社)

『淫らな青ちゃんは勉強ができない』(C)カワハラ恋/講談社

「ヒロインの女の子が勝手に変な妄想をして暴走してしまうのがとっても面白かった!お父さんがいい味出してる」「主人公の女の子の勘違いが面白く、コミカルかつドキドキ感もあり、一気に読んでしまいました。男の子がとてもカッコいい」(レビューより)


アニメ2期も絶好調! 読む者の気持ちを熱くさせる青春ヒーローバトル

8位 『僕のヒーローアカデミア』(堀越耕平/集英社)

『僕のヒーローアカデミア』(C)堀越耕平/集英社

「アメコミ風な絵柄だったので今まで避けていましたが、もっと早く読めば良かったです! 古き良き時代の努力や友情、そして一握りの冷たい現実が詰め込まれています。現実的な障害が主人公をさらなる努力と飛躍へ成長させていき、魅力的なキャラクターの仲間たちと友情やライバル心を育んでいます。プルスウルトラ!」(レビューより)


実写映画化も決定、死神高校生のバトルファンタジー

7位『BLEACH』(久保帯人/集英社)

『BLEACH』(C)久保帯人/集英社

「自分の大切な人を護る。自分の大切な場所を護る。その為には、自分が傷ついても構わない。そんな一護が大好きです」「学生の頃読んでいて、完結したと聞いて読んでいなかった分を読みました!それぞれのキャラに魅力があるし、とてもかっこいいです」(レビューより)


父の再婚で一緒に暮らすことになったのは…、複雑で甘酸っぱい高校生活

6位『ドメスティックな彼女』(流石景/講談社)

『ドメスティックな彼女』(C)流石景/講談社

「主人公の成長や各登場人物の葛藤、夢に向かう姿勢など深いテーマに添いながら、プッと笑えるシーンもあって『上手い!』と思わせてくれます」「私はアラフォーですが、十代や二十代の気持ちを思い起こしながら十分楽しめました」(レビューより)


最強はむなしい!? すべてがワンパンで終わるニューヒーローの悲哀

5位『ワンパンマン』(ONE 村田雄介/集英社)

『ワンパンマン』(C)ONE 村田雄介/集英社

「設定や世界観、ゆるいギャグ、時々ぐっとくるセリフ。何度も笑ってしまいます。読んで正解でした。"ギャグアクション漫画"なので暴力的なシーンも多く、読む人を選びそうですが……個人的には、今まで読んだ漫画のベスト10に入るくらいおもしろいです」「作画、綺麗なのに……主人公の顔が一番手抜き(笑)。シュールにギャグで笑えました。最高です。敵が可哀想にさえ思えます。それくらい、漫画タイトル通りですね」(レビューより)


新世代編も絶好調、世界を魅了する和風ファンタジー

4位『NARUTO―ナルト―』(岸本斉史/集英社)

『NARUTO―ナルト―』(岸本斉史/集英社)

「笑える 泣ける 神漫画。読めば、『自分も頑張らないと』と思える漫画です」「笑えて泣けて、うっかり一気に読んでしまいました」(レビューより)


予測不能! 謎が謎を呼ぶダークファンタジー

3位『進撃の巨人』(諫山創/講談社)

『進撃の巨人』(C)諫山創/講談社

「謎が多くて、グイグイ引き込まれます」「登場人物それぞれに個性があって、おもしろいです。いろんな謎が隠されているので、続きが気になって仕方ありません」(レビューより)


歌舞伎にも進出! 世界中で愛される海洋冒険ロマンの傑作

2位『ONE PIECE』(尾田栄一郎/集英社)

『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎/集英社

「人物一人一人を丁寧に描いているからこそ、生まれるストーリーの深みは最高です。尾田先生が人物に言わせるセリフ、きっと誰でも、心の琴線に触れる言葉があるはず。私たち読者にとっては、この言葉を探す事が大冒険?」(レビューより)


50億人対5人! 究極のハーレム漫画はストーリー展開にも注目

1位 『終末のハーレム』(宵野コタロー LINK/集英社)

『終末のハーレム』(C)宵野コタロー LINK/集英社

「人物、背景など一つ一つの絵がとてもキレイで引き込まれます」「少年誌はあまり読まないのですが、設定がとてもおもしろいと思って読みました。男のロマンなんでしょうか(笑)」(レビューより)

明日は少女コミック編をお届けします。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事