【レビュー】

実写映画が公開された『ひるなかの流星』『PとJK』がワンツー! - 「めちゃコミック」3月少女漫画ランキング発表

今どんな漫画が読まれているのか!? 月間850万人が利用する電子書籍配信サービス「めちゃコミック」で配信されている作品から、3月の月間ダウンロード数を集計してランキングを作成。今回は少女コミックランキングをお届けします。3月は『ひるなかの流星』『PとJK』といった実写映画の公開を迎えた2作品がワンツーを飾る結果となりました。


根暗な引きこもり女子のあめり、イケメン幼なじみがずっと自分のことを好きだったことを知った彼女は…

10位 『アナグラアメリ』(佐藤ざくり/集英社)

『アナグラアメリ』(C)佐藤ざくり/集英社

「ウジウジな女の子って感じじゃなくて、『自分』ってものをちゃんと持っていて挫けながらもちゃんと立ち上がる強さも持ってるから応援したくなります」「少し男の子っぽい口調の部分も素直になれない部分も心の変化も主人公のアメリが可愛くて、進展していく様子が飽きず一気読みでした」(レビューより)


幼なじみを思い続ける少女の激キュンピュアラブストーリー!

9位 『ういらぶ。-初々しい恋のおはなし-』(星森ゆきも/小学館)

『ういらぶ。-初々しい恋のおはなし-』(C)星森ゆきも/小学館

「幼なじみ4人組だから行き過ぎたオレ様にはツッコミが入る安心仕様。そしてすべてがおいしくなる素敵仕様。ヒーローわかりやすいしダダ漏れだからね。残念なイケメン好きは必見です」(レビューより)


女子力ゼロな主人公が、冷徹イケメンからプロポーズ! 同棲生活が始まって…

8位『偽装結婚の心得』(小純月子/小学館)

『偽装結婚の心得』(C)小純月子/小学館

「登場人物設定はコンプレックス持ちのヒロインとそれを包み込んじゃうような包容力大きい男性との心暖まるハッピーエンドで、読んだあと本とにじわーっとよかったな~って思える作品ばかりです。ですが、どれもストーリー設定に新鮮味があり、男性が発するヒロインへの台詞に、毎回グワーッと心わしづかみされてしまいます」(レビューより)


イケメン兄とのまさかのラブストーリー

7位 『兄に愛されすぎて困ってます』(夜神里奈/小学館)

『兄に愛されすぎて困ってます』(C)夜神里奈/小学館

「絵が可愛くてテンポが良くて楽しい」「こんなお兄ちゃん欲しいよー!」(レビューより)


変態地味女子×ウラオモテ男子の爆走するアブノーマルLOVE

6位 『恋わずらいのエリー』(藤もも/講談社)

『恋わずらいのエリー』(C)藤もも/講談社

「エリーとおみくん2人とも可愛くて愛おしいキャラで好きです。ちょいちょい変態なのだけれど可愛くて笑える」「絵の綺麗さと思わず吹き出してしまう内容が大好きです」(レビューより)


お金を払えば希望が叶う!? 雇ったダンナとの"ニセ婚"の行方は

5位 『ニセ婚~ダンナ雇用計画~』(安タケコ/小学館)

『ニセ婚~ダンナ雇用計画~』(C)安タケコ/小学館

「要所要所がきっちり描かれてるから短編なのに入り込めました」「強がり系の女子を懐柔してしまうキャラの男性陣に、年甲斐もなくキュンキュンしてしまいます」「なんとも、胸キュンでございました! 今の年で、この胸キュン度できる漫画は、なかなか無いと思います!」(レビューより)


不器用男子とドン臭女子の歯がゆい恋のゆくえは?

4位『神木兄弟おことわり』(恩田ゆじ著/講談社)

『神木兄弟おことわり』(C)恩田ゆじ著/講談社

「ベタな少女マンガだが、いい! 絵も好き。主人公いろはも可愛いし友達セリナのキャラもいい(笑)。神木兄弟のカッコよさ&可愛さはマジで神レベル!! こんな恋愛したーいっ!」「キスやエッチばかりの話がありふれて飽きてましたが、こんな純愛かわいすぎて大好きです」(レビューより)


初めての彼氏は最低最悪の「たらし」!? 王子の皮をかぶったけだものとの初恋は前途多難

3位『花にけだもの』(杉山美和子/小学館)

『花にけだもの』(C)杉山美和子/小学館

「この二人の未来が気になります。二人の境遇の格差は、まだまだ様々な波乱を起こしそうな気がします。それに負けず頑張るキューちゃんと、それを見守る豹をまた見たいなあ」(レビューより)


気になる彼の職業は…、警官×女子高生の笑えて泣けるLOVE&COPストーリー

2位『PとJK』(三次マキ/講談社)

『PとJK』(C)三次マキ/講談社

「私は36のシンママですが、感動して泣いてしまいます!!いいな!青春!三門かっこいいよ!私も三門みたいな強い女になる!」「こんなイケメンで紳士なお巡りさんに出会いたい」(レビューより)


包容力のあるオトナの男性と同級生に揺れる、田舎ガールの初恋

1位『ひるなかの流星』(やまもり三香/集英社)

『ひるなかの流星』(C)やまもり三香/集英社

「半分過ぎたあたりから結末を予想しながら読んでましたが、紆余曲折にハラハラしっぱなしでした」「イラスト、内容共にサイト内で一番好きな漫画です。最初に読んだときは他の方のレビューのように先生とくっついてほしくてもどかしさを感じていました。でも結末を知った後に再度読むとまた違う角度から個々の気持ちが見えてくる気がします」(レビューより)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事