【レポート】

花粉対策、どうすればいい!? 各分野のプロフェッショナル企業5社に聞いた

1 住宅のプロ: パナホームの回答

  • <<
  • <

1/5

花粉症を患っている人は、今が一番辛い時期なのではないだろうか。屋外は言うに及ばず、室内に入っても鼻がムズムズ目がショボショボ口を開けばくしゃみの嵐という人もいるのでは。特に最近になって花粉症デビューを果たした人は、現実を受け止めきれず十分な予防をしていないこともあるだろう。今回はそんな花粉症に苦しむ人のために、住まいのプロフェッショナル企業5社に有効な花粉対策を聞いた。

花粉対策、プロフェッショナル企業5社にアドバイスを聞いた

まずは住宅のプロフェッショナル・パナホームの回答から紹介しよう。

花粉はホコリに付着する

■回答者
パナホーム 広報・宣伝部

基本的な対策としては、花粉を通さない網戸を導入したり、帰宅時に着衣についた花粉を洋服ブラシ等で払ったりすることが有効です。

室内における花粉は、ホコリに付着する場合が多いので、ホコリが溜まる場所をできるだけ作らないことが大切です。家具・家電等の裏側に溜まるホコリを積極的に清掃することや、掃除がしやすいよう家具・家電の配置を工夫することがポイントになります。

掃除しやすい家具の配置に

高層部は隙間風を防いで

また、マンションなど高層部においても花粉は浮遊しますので、低層住宅と同様の対策をとることが有効です。高層部は風が強いので、隙間風をできるだけ作らない工夫をすることも大切なポイントになります。

高層部にも花粉はくる!

ちなみに当社では、戸建て住宅に、オリジナルの換気システム「エコナビ搭載換気システムHEPA+(ヘパプラス)」を標準仕様に設定しています。同システムは、空気中の微小粒子PM2.5の中でもより身体に危険とされるPM0.5にも対応し、0.3μm(マイクロメートル)の微小粒子を99.97%除去する「HEPAフィルター」を工業化住宅業界で初めて標準搭載したオリジナルの換気システムです。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) 住宅のプロ: パナホームの回答
(2) 空調のプロ: ダイキンの回答
(3) 掃除のプロ: ダスキンの回答
(4) うがいのプロ: 小林製薬の回答
(5) 対策グッズのプロ: アイリスオーヤマの回答
関連キーワード

人気記事

一覧

2017年9月23日の運勢

イチオシ記事

新着記事