【レポート】

東京から1時間45分! 伊豆高原が「何かとお得な観光地」と言えるわけ

1 伊豆高原の花見は3度おいしい--ランチは別荘気分で焼きたてパンを

  • <<
  • <

1/2

こだまにも乗りつつ、東京駅から1時間45分。温泉で有名な静岡県伊東市の南部、大室山一帯は伊豆高原と呼ばれ、魅力的な温泉宿や観光スポットが点在している。花見名所として知られる桜並木や「さくらの里」もあり、桜の見頃とともに本格的な観光シーズンを迎える。今回は、緑豊かな別荘地としても知られる伊豆高原を満喫できる、温泉宿と観光スポットを一挙に紹介しよう。

伊豆高原の桜並木は、まさに桜のトンネル状態

行ってよかった花見名所ランキングの常連

3月中旬から下旬にかけて、伊豆高原駅周辺で大寒桜が一足先に見頃を迎える。そして、3月末には伊豆高原を貫くメインストリートの桜並木が見頃を迎え、桜まつりは最盛期に。4月に見頃を迎えるのが大室山山麓の「さくらの里」で、いずれも夜桜のライトアップを実施する。こうした一連の桜は「伊豆高原桜まつり」としてイベント化されており、過去には大手口コミサイトの「行ってよかった花見名所ランキング」でも、全国のベスト10にランクインを果たしている。

伊豆高原の桜並木は確かに絶景だが、桜並木自体は全国にあり、正直、特別他の花見名所と違った様子はない。それにも関わらず、なぜ「伊豆高原桜まつり」は人気なのだろうか。筆者が思うにだが、理由は伊豆高原駅前というアクセスの良さに加えて、伊豆高原に多数ある観光スポットの魅力を含めた"総合評価"なのではないだろうか。

伊豆高原の「さくらの里」では、桜の品種毎に見頃が異なり、花見を長期間楽しめる

「伊豆高原桜まつり」で一番のオススメは、大室山山麓にある「さくらの里」だ。伊豆高原は大室山の噴火でできた高原であり、大室山は伊豆高原のシンボルと言える。雄大な大室山を見頃の桜が彩る様子は、ここでしか見られない絶景。日本さくら名所100選にも選定されている、伊豆を代表する花見名所だ。

「さくらの里」の名前通り、40種類もの品種の桜がそろっており、9月から5月まで次々と開花する。桜の最盛期は4月に入ってから。大室山山麓の標高が高い場所にあり、遅咲き品種もあるので、他の花見名所が散ってから行っても、花見を楽しめる貴重な観光スポットと言えるだろう。

●information
伊豆高原桜まつり
住所: 静岡県伊東市八幡野大室高原21-1
アクセス: 伊豆急行線伊豆高原駅周辺。「さくらの里」は駅から「伊豆シャボテン公園」行きバス約20分、終点下車徒歩約10分

湯を楽しむカピバラたちにうっとり

では実際、"総合評価"を高めた伊豆高原の観光力とはいかに!? まず紹介したいのが、伊豆高原を代表するテーマパーク「伊豆シャボテン公園」だ。大室山「さくらの里」の向かいにあるので、花見の前後に気軽に楽しめる。春はサボテンの温室も花盛りで、一番オススメの季節だ。

「元祖カピバラの露天風呂」は、カピバラが自分の意志で自ら進んで入浴する

動物園の要素もある伊豆シャボテン公園で特に注目のイベントが、冬から春にかけて行われる「元祖カピバラの露天風呂」。一般的には「カピバラ温泉」の通称で、近年では全国的に実施されているが、伊豆シャボテン公園が元祖であり発祥の地だ。

カピバラは元来水を好む習性があるが、清掃中に偶然できた湯溜まりに浸かる姿を見て、このイベントが始まったとされる。その伝統は今も変わっておらず、カピバラに指示や命令や合図を一切せずに、入浴させることを基本にしている。カピバラが我先に入浴する寒い日が、特にオススメだ。

カピバラは世界最大のネズミの一種で、顔が馬面でユーモラスなので人気がある。馬面なので一見表情は読み取れないが、気持ちさそうに長時間浸かっているのを見学していると、見学者までほのぼのとした気持ちになれる、素敵なイベントだ。なお、元祖カピバラの露天風呂は毎年4月上旬までで、まさに桜の見頃と同時に終了する。

●information
伊豆シャボテン公園
住所: 静岡県伊東市富戸1317-13
アクセス: 伊豆急行線伊豆高原駅から「伊豆シャボテン公園」行きバス約20分、終点下車すぐ

別荘気分になれるベーカリー・カフェ

伊豆高原でランチを楽しむなら、ベーカリー・カフェ「ル・フィヤージュ」はどうだろうか。別荘地帯の真ん中にあり、看板がなければ別荘にしか見えない程だ。

「ル・フィヤージュ」緑豊かな庭の席でパンを頂けは、気分は別荘族

オススメの理由は、まさにこの環境にある。緑豊かな庭の席でパンを食べれば、伊豆高原に自分の別荘ができたような気分に浸ることだろう。

ランチタイムにはランチメニューも登場するが、むしろ通常のパンがオススメ。絶品のパンの味と価格帯を一度経験すれば、次回以降ランチタイム以外に訪問した場合にも経験を生かすことができ、伊豆の旅が充実するに違いない。9時のオープンまでに大半の種類を焼き上げてそろえているので、昼の混雑を避けてオープン直後に行くのもいい。

パンの価格は40円~780円まで様々(税込)。写真は商品陳列棚のほんの一部で、パンの種類も非常に豊富だ

●information
ル・フィヤージュ
住所: 静岡県伊東市八幡野1305-75
アクセス: 伊豆急行線伊豆高原駅から車で約10分(非常に分かりにくい場所なので、タクシーが確実)

さきほど、カピバラの露天風呂を紹介したが、せっかくなら伊豆の温泉も楽しみたいところ。伊豆高原には温泉街はなく、温泉宿が多数点在している。中でもイチオシなのが、「八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里」である。どんなところがオススメなのか、続いてはそんな温泉の魅力も紹介しよう。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 伊豆高原の花見は3度おいしい--ランチは別荘気分で焼きたてパンを
(2) 里山風情の温泉宿、森の中の貸切日帰り温泉、どちらがお好み?
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事