【レビュー】

ニンニクたっぷり! 吉野家「豚スタミナ丼」はパワフルな味でご飯がすすむ

ここ最近は気温差が激しく、体調を崩している人も多いのではないだろうか。筆者も季節の変わり目に弱い虚弱体質。まだ風邪を引いていないものの、いつ崩してもおかしくない状況だ。なんとかして体力をつけなければ……。そんな時、吉野家から「豚スタミナ丼」(並盛/税込450円)が発売された。これは体力をつけるのに打ってつけではないか! 早速食べてみた。

「豚スタミナ丼」(並盛/税込450円)

同商品は、定番メニューである「豚丼」にニンニクをきかせた特製のタレを加えたもの。さらに、ここに卵黄をのせてかきこむのだ。ちなみにニンニクの量は無料で増やすことができるので、「今日は臭いを気にしなくてOK」という人はぜひマシマシにしてほしい。

では卵黄をのせてみよう。

いかがだろう。卵黄をのせただけでよだれができくるではないか。さらにこれを……、

ゆっくりと割ると、中からとろっとあふれ出てきた。思わずため息が漏れる。

前置きが長くなったが、実際の味はというと、ニンニクの辛味を感じる。このニンニクは香りつけ程度ではない。確実に口臭として残るやつだ。しかし、その濃いめの味わいでご飯が進む。最後は全て混ぜて卵かけご飯のように楽しむこともできるので、それで締めてもいいだろう。

食べ終わった後に口臭をかいでみると、しっかりと臭いが残っている。歯を磨いても残ったので、仕事がある日の昼食には控えた方がいいかもしれない。しかし、豚肉のボリューム感にニンニクのパンチ、卵黄のまろやかさが加わって、力がみなぎってくる気がした。「あっ、ちょっと弱ってるなあ」と思う人にぜひともオススメしたい。

関連キーワード

人気記事

一覧

2017年10月20日の運勢

イチオシ記事

新着記事