【レポート】

有機ELテレビ普及の年となるか - LGが壁張りテレビで勝負、まるで宙に浮いているかのよう

1 型番の「W」は何を意味する?

  • <<
  • <

1/2

LGエレクトロニクス・ジャパンは3月16日、テレビの2017年モデルの発表会を開催した。有機ELテレビ「LG OLED TV」が3シリーズ4モデル、液晶テレビが4シリーズ10モデルで、いずれも4月上旬より順次発売となる。本稿では発表会の様子をレポートする。

関連記事 :
LG、"壁に張る"有機ELテレビを国内投入 - 65型で100万円
LG、4シリーズ10モデルの4K液晶テレビ新製品 - 43V型で15万円台から

有機ELテレビの最上位モデル「OLED 65W7P」

冒頭、LGエレクトロニクス・ジャパンのイ・インギュ社長が壇上に立ち、「これまで有機ELの認知拡大に尽力してきたが、2017年はさらなる革新の年にする」と挨拶、シンプルさを追求した有機ELテレビの最上位機「OLED 65W7P」をアンベールした。

薄さを強調するため、製品は真横を向けて登場させ、さらに台座をくるりと回転させると、ガラス面に取り付けているために画面が宙に浮いているように見えるなかなか心憎い演出だ。

LGエレクトロニクス・ジャパン 代表取締役社長 イ・インギュ氏

OLED 65W7Pが真横を向いた状態でステージに登場。コンパニオンの女性が台座ごと回転させて正面を向ける。電源ケーブルは背景と同じ色に塗られたフラットケーブルで下部から伸びている

OLED 65W7Pとイ・インギュ社長

OLED 65W7Pは、専用のブラケットで壁面に取り付けるデザイン「Picture-on-Wall」を採用。本体の厚さが3.9mmしかなく、ガラスの壁面に掛けると映像が宙に浮かんでいるかのような演出が可能になっている。65インチでありながら本体重量は7.6kgと軽い。

イ社長は、W7PのWには3つの意味を込めていると述べ「1つは壁紙を意味する『Wall Paper』、2つめは部屋の窓をイメージした『Windows』、3つめは驚きと感動の言葉『Wow!!!』だ」と力説した。

続けて、4K液晶テレビも10モデルという充実したラインナップを展開することに触れ、「薄型テレビのリーディングカンパニーとして最前線を走り続ける」と宣言して締めくくった。

LGエレクトロニクス・ジャパン マーケティング部 部長キム・ドンゴン氏

続いて登壇したマーケティング部のキム・ドンゴン部長は、「かつて、液晶から有機ELにテレビが移り変わると確信していたのはLGだけだった」と、有機ELパネルの開発に一日の長があることを強調。

2017年モデルは昨年モデルに比べピーク輝度が25%アップ。明るいところはより明るく、暗いところはより暗く表現できるようになったことや、APL(輝度レベル)50%以下の映像の輝度処理を改善することで、輝度をより高くできると説明した。

一般的な液晶テレビの1.5倍ものダイナミックレンジを実現。HDR10やDolby Visionにも対応する

コントラストを計算する独自の明暗アルゴリズムを進化。ノイズを抑え、黒潰れを低減する

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 型番の「W」は何を意味する?
(2) AVマニア以外にも受け入れられるには
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事