【レポート】

どこが変なのか? 関東初進出「変なホテル」2号店の実直な印象

1 非日常感がたっぷり

  • <<
  • <

1/3

ロボットホテルで話題の「変なホテル」が千葉県浦安市にオープンした。長崎県のハウステンボス店に続く2号店となり、関東初進出となる。どのあたりが"変"なのか。現場を訪れた。

3月15日に開業した「変なホテル舞浜 東京ベイ」

非日常感な2号店

変なホテルは、ロボットが初めてスタッフとして働いたホテルとして、昨年11月にギネス世界記録の認定を受けた話題のホテルだ。宿泊者のチェックイン・アウトの手続き、窓拭きなどの清掃をロボットが担当する。

その2号店が15日に千葉県浦安市にオープンした。開業したのは東京ディズニーリゾート付近のエリア。だからこそ、メインの宿泊者ターゲットは、ファミリー、カップル、学生であり、館内はエンタテインメント性の高いつくりにしたという。

2号店を入ってすぐにわかるのは、非日常感だ。ジャングルと思わしき、うっそうとした空間に、突如、でかい恐竜が現れる。これは等身大のティラノサウルスらしい。

館内に入るといきなり等身大のティラノサウルスがお出迎え

左手を見渡すと、目に入るのが2体の小型恐竜ロボットだ。そこは受付カウンターになっていた。実際には、ロボットが器用に御用聞きをするのではなく、ロボット恐竜から発せられた言葉通り、カウンター上のタッチパネルを介して、宿泊者は手続きを済ませることになる。

チェックインカウンターでヴェロキラプトルが応対する。カウンター上のタブレットでチェックイン。チェックアウトは中央の端末で

さらにロビーを見渡すと、水槽があり、魚が泳いでいる。よく見ればロボットだ。ほかにも、ゴミ箱の形をしたロボットがロビーにいたり、床を見ると、お掃除ロボットもいる。館内には9種類140体のロボットがいるとのことだ。

ロボットの魚が水槽を泳ぎ続ける

よく見るとお掃除ロボットも

ゴミ箱ロボット

ロビーで感じた印象、それは"怖い"だ。受付のヴェロキラプトルの声色と俊敏な動き、ロビーのティラノサウルスとうっそうとした感じ……。ゴミ箱ロボットもなんだか怖い。トータルで考えて、小さい子なら「絶対泣く」と思う。ファミリーがターゲットなのに、「なぜリアルな恐竜を選んだ?」と突っ込みたくなるが、非日常感たっぷりなのはとってもいい。やはり夢の国から現実に戻るのが一番苦痛だからだ。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 非日常感がたっぷり
(2) 統一された世界観
(3) コンセプトがリピート客を生む
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事