ヘルペスと間違えると危険な口唇炎の原因を皮膚科医に聞く | マイナビニュース

【レポート】

ヘルペスと間違えると危険な口唇炎の原因を皮膚科医に聞く

口唇炎で診察に訪れる人は通年で存在する

乾燥した時期になると増えだす口周りのトラブルの一つ・口唇炎。「唇付近にできるちょっとした炎症」というふうに考えている人もいるかもしれないが、実はいろいろと厄介な疾患なのだ。

今回は南青山皮膚科 スキンナビクリニックの院長である服部英子医師に口唇炎の症状や原因についてうかがった。

金属アレルギーが原因の場合も

口唇炎はその名の通り、口の周辺もしくは唇に発生する皮膚炎や湿疹などの症状の総称。「唇がカサカサして荒れる」「唇の皮がむける」「口周りが切れる」「口周りがかゆい」など、通常の皮膚とは異なる状態全般を示すと言える。

口唇炎の特徴の一つとして、その原因が非常に多岐にわたるという点があげられる。主なものとしては「紫外線」「乾燥」「アトピー」「口紅」「リップ」などがある。さらには歯磨き粉や洗顔料、金属アレルギーの場合は金属製のコップなども原因となりうる。

「冬の時期だとやはり乾燥由来の口唇炎が多いですね。あとは『接触性口唇炎』ということで、口紅やリップのように何か唇に接触している物が原因というケースもあります。また、冬でも意外と紫外線量が多いため、紫外線が原因の口唇炎は通年で起こりえます」

上記のような直接的な原因以外にも、ライフスタイルやクセによって発症する口唇炎もある。以下が一例だ。

■栄養バランスの偏った食事……ビタミンB2およびB6が不足すると、口唇にかさぶたや皮めくれが発生する「剥離性(はくりせい)口唇炎」を発症する。

■唇をなめる……唇を舌で何度もなめると口唇炎を発症するし、このクセをやめないと発症後の治りも遅くなる。主に子どもによくみられる。

患部をいじると症状が悪化

口唇炎は口周りという比較的顔の中でも目立ちやすい箇所にできるせいか、発症した人たちにはある共通点が見られると服部医師は話す。それは「自分で患部をいじること」。唇の皮をめくったり、乾燥した場所をなめてみたり、かさぶたをはがしてみたり……。気持ちはわからないでもないが、こういった行為のせいで症状がいっそう悪化する可能性もある。

「気になって患部をなめてしまったり、自分で唇の皮をむいてしまったりとかはよくありますね。口唇炎になった原因は別にあるでしょうけれど、そこから症状を悪化させる要因となる行為を自分でやってしまうことが、病気の長期化という点にとっては大きいですね」

大半の口唇炎は放置しておいても自然と治癒するが、患部をいじることで返ってその回復の道のりを邪魔してしまう。特に子どもはよくなめてしまいがちであるため、小さな子どもを持つ人は注意深く見守るように。

口唇ヘルペスと間違えると危険

治りが遅かったり、症状が悪化したりする場合は皮膚科などを受診した方がよい。だが、複数の原因が考えられるため、「1回の問診で『これが原因です』と診断するのは難しいです」と服部医師は話す。原因を究明するまで、数回の診察・問診を重ねる必要があることを覚えておこう。

また、口唇炎に似た疾患に口唇ヘルペスがあるが、こちらは炎症というよりも水ぶくれに近い感じで、上唇ないしは下唇のいずれかのみに症状が出るケースが多い。

この2つは見た目こそ似ているが、治療方針は異なる。特に口唇炎に有効なステロイドの外用薬は、口唇ヘルペスに用いると逆に症状が悪化してしまう。素人判断で口唇炎と決めつけ、市販のステロイド軟こうなどを塗布するのは危険だ。判断に迷った際は、やはり専門医の指導を仰ぐようにしよう。

※写真と本文は関係ありません

記事監修: 服部英子(はっとり ひでこ)

東京女子医科大学卒業。皮膚科専門医。日本皮膚科学会、日本レーザー学会、日本臨床皮膚科学会、日本アレルギー学会に所属。大学卒業後に東京女子医科大学病院やJR東京総合病院の皮膚科に勤務した後、2005年より南青山皮膚科 スキンナビクリニックの院長を務める。
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事