【ハウツー】

Apple Payに登録していたカードが消えています!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『Apple Payに登録していたカードが消えています!?』という質問に答えます。

***

ひょっとして、最近iCloudからログアウトしましたか? iCloudからログアウトすると、Apple Payで利用するカード(Walletアプリに登録したカード)の情報はiPhoneから抹消されます。抹消されると、iCloudにサインインし直しても復元されることはなく、再登録しないかぎりApple Payでは使用できません。

Apple Payで利用できないということは、レジでの支払いはもちろん駅の自動改札にも使用できないことを意味します。エクスプレスカードの登録も抹消されていますから、改札の通過を試みようものならバーが閉じます。

カードの情報は、iCloudからログアウトしたときにiPhoneから抹消されますが、カードの登録履歴は残されているため、比較的かんたんな手続きで再登録が可能です。同じApple IDでiCloudにサインインしたあと『Wallet』アプリを起動し、画面右上の「+」ボタンをタップしてみましょう。Apple Payの紹介ページが表示されるので、右上にある「次へ」ボタンをタップしてカードの種類を選択すると、「カードを再度追加」画面が現れます。

あとは画面の指示に従いセキュリティコード(クレジットカード裏面に記載された3~4桁の数値)を入力し、Apple Payの利用規約に同意すれば、iCloudをログアウトする前に利用していたカード情報が復元されます。プリペイドカード(Suica)の場合は、残金もあわせて復元されるので、チャージぶんがムダになるということはありません。

iCloudからサインアウトすると、Apple Payに登録していたカードの情報は抹消されます

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事