【ハウツー】

ポリ袋であっという間に朝食セットを作る方法

家事に育児に忙しい日々の中でも、特に忙殺されがちなのが、朝の時間。子どもができると朝食もしっかり食べさせなければならず、苦戦しているパパ・ママは多いことだろう。そこで今回は、ポリ袋を使った簡単朝食レシピを紹介。洗い物も少なく、帰宅後の家事も軽減できるお勧めメニューだ。

ポリ袋で作る朝食セット

ポーチドエッグ風朝食セットが楽しめる

材料(1人分)

卵 1個 / 酢 少々 / サラダ油 適量 / キャベツ 2枚 / ウインナー 2本

つくり方

1.耐熱性のポリ袋にサラダ油を入れてなじませ、酢を加える。卵を割りいれ、きっちりと口をしばる。

2.キャベツは千切りし、ウインナーは切り目を入れる。別の耐熱用ポリ袋に入れて、きっちりと口をしばる。

3.鍋にたっぷりのお湯を沸かし、1と2を入れ、6~8分ゆでる(卵の固さのお好みに応じて時間を調整してください)

4.器に盛り付け、トーストなどを添える。お好みでウインナーにケチャップやマスタード、ボイルキャベツにドレッシングなどをかければできあがり!

ポリ袋に入れてゆでるだけで完成

※直火に鍋をかけてゆでる場合は、鍋にポリ袋がつくと熱くなりすぎるかもしれません。その場合は、底に耐熱皿を敷いておくと安心です
※調理の際は、必ず耐熱性のポリ袋を使用してください
※複数分を調理する場合でも、卵は必ず1個分ずつ分けてゆでてください

レシピ考案者プロフィール

みやちゃん
フィットネスジムでスタッフをしながら、料理人としても働いています。これらの経験をいかして、簡単でおいしいレシピをブログ「四万十住人の簡単料理ブログ!」で紹介しています。

関連キーワード

人気記事

一覧

2017年3月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事