【レポート】

CP+2017 - オリンパス自信作「OM-D E-M1 Mark II」をあらゆる角度から体験

パシフィコ横浜で2月26日まで開催中の「CP+2017」。オリンパスブースでは、フラッグシップモデル「OM-D E-M1 Mark II」を集中的に展示していた。その開発から完成までのプロセスと技術的な解説コーナー。性能と機能の素晴らしさを実際に体験できるタッチ&トライコーナー。プロの作品を大伸ばしプリントでじっくり鑑賞できるOLYMPUS ProGallery。そして、OM-D E-M1 Mark IIを手に各ジャンルで活躍中のフォトグラファーが集うライブステージと、あらゆる角度からOM-D E-M1 Mark IIを堪能できるブースとなっていた。ここに入れば、OM-D E-M1 Mark IIが欲しくなるに違いない。

高速連写よし! 動体追従性よし! 望遠レンズを付けても軽い!

さまざまな交換レンズを使って「OM-D E-M1 Mark II」の撮影体験ができる

普段は我々の目に触れることのない、デザインを決めるためのモックアップも展示。グリップ形状が細かく検討されたことがわかる

OM-D E-M1 Mark IIのカットモデルを見るとミラーレス化で、ボディがかなり薄くできることを実感できる

高倍率ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」のカットモデル。防塵・防滴仕様ながら非常にコンパクトだ。5軸手ブレ補正機構も見られる

こちらは50mm相当の「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PROレンズ」のカットモデル。。14群19枚構成と非常に贅沢だ

OM-D E-M1 Mark IIの高速連写機能を実感できるバスケットのゴールの瞬間。こちらはトランポリンを使っているのでソニーブースより迫力があり、大人気だった。SDカードを持っていれば、撮影データの持ち帰りも可能だ

マイクロフォーサーズのセンサーは暗所に弱いのか? そんな疑問に答える暗所撮影体験。高感度撮影性能や強力な手ブレ補正機能を自分自身でチェックしてほしい

M@マルチストロボを使った多灯ライティング体験もできる。影のないソフトなライティングでプロ気分を味わえる

OLYMPUS ProGalleryでは、OM-D E-M1 Mark IIで世界のさまざまなシーンを切り取った写真を展示。こんなに大伸ばしができて、しかも画像は非常にシャープで抜けがいいことを実感できる

過去最大規模となるライブステージ。そのほとんどがOM-D E-M1 Mark IIに関するセミナーとなっている

水中ハウジングやキャリングケースなどアクセサリー関係も豊富

新製品のカメラバックパック「CBG-12」。機内持ち込み可能なコンパクトサイズを実現しながら、望遠レンズまでしっかり収納できる

もちろん、オリンパスのカメラ全機種が展示されているので安心していただきたい。写真は「PEN-F」のタッチ&トライコーナー

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事