【レポート】

声優・牧野由依がライブで見せた新たな姿 - 「YUI MAKINO LIVE―Thanx Beginning♪―」レポート

牧野由依

声優・アーティスト牧野由依の単独ライブ「YUI MAKINO LIVE―Thanx Beginning♪―」が1月22日、東京・恵比寿ザ・ガーデンホールにて開催された。

開演と同時に、白いロングコートを着た牧野がステージに姿を現す。バンドサウンドに合わせ「ウイークエンド・ランデヴー」を歌唱し、ライブはスタート。どこか懐かしくもオシャレな雰囲気をまとう本曲に包まれ、会場は真夜中の舞踏会へと姿を変えていく。魔法にかけられた観客たちが次に聴くのは「Merry-go-round」。ピアニカを片手に、バンドメンバーとのアンサンブルを披露していく。衣装チェンジして届けられた「星に願うなら」では、これまでのスタンドマイクでのパフォーマンスから一転、マイクを手に取り、軽快な歌声を響かせていった。

曲明けのMCでは、「『YUI MAKINO LIVE―Thanx Beginning♪―』へ、ようこそお越しくださいました!」と、参加者への感謝を込めた挨拶を送る。「春が待ち遠しい」と匂わせた彼女が次に披露した楽曲は「三月物語」。そして、ここからは牧野によるピアノ弾き語りゾーンだ。芯がありながらもどこかちょっぴり甘めな歌声と、ピアノの旋律が合わさった時、ステージ上にいる彼女はまた違った顔を見せる。そうした印象がもっとも強く表れたのは「What A Beautiful World」だろう。「アーティスト・牧野由依のイメージは?」と問いかけられた際、イメージするのは、まさに白く澄んだ世界観を持つ本楽曲なのではないだろうか。ピアノコーナーを終えて披露した「ウンディーネ」で、さらに幻想的な世界にいざなっていく。

牧野はMC中に「今回のライブタイトルの由来は、初めて私のライブにいらっしゃる方へ『牧野由依』を披露するために"Beginning"。私のことを知ってくれている方に、これからもよろしくお願いします、という意味を込めて"Thanx"と付けました」と語る。昔から長い間応援しているファンにも、最近牧野を知った新しいファンにも、変わらず、自らの持つ世界観を届けたい、という想いを詰め込んでいる本ライブ。それは、2005年9月、舞浜イクスピアリではじめて弾き語りを披露した時からの「牧野由依のコンサート」ファンも、『アイドルマスター シンデレラガールズ』佐久間まゆ役や、『プリパラ』黒須あろま役で彼女を知り、作品のライブに通うようになった「アイドルを演じている牧野由依」ファンも、どちらにも楽しんでもらいたい、そして片方の顔しか知らないファンに、「まだ知らない牧野由依」を見せたい。そんな強い気持ちを感じさせられるほどだった。

続くブロックは、本人曰く「不思議な感じの曲が詰まっている」コーナー。「今回のライブタイトルが『コンサート』ではなく『ライブ』である意味は、この後わかると思います」と紹介し、「ソルフェージュ」、「太陽を巡って」、「secret melody」と怒涛の勢いでパフォーマンスを繰り広げ、新しいアレンジの加えられた「囁きは“Crescendo"」では、この日のために準備をしてきたというダンスを披露。それまで座ってゆったりと楽しんでいた観客たちが、次々とスタンディングし、自然とクラップを入れていく。「ライブの一体感」というものを目の前で見せられた形ではあるが、観客たちも最初は「立っていいのだろうか……」と戸惑い、そんな会場の微妙な空気に牧野も「一瞬心が折れた(笑)」と吐露。それくらい、これまでの「コンサート」に比べると異例の事態ではあったが、同時に「牧野由依の新しい可能性」を垣間見た瞬間でもあった。

そして、「88秒フライト」でさらにダンスを見せつけ、牧野は一旦ステージをはけ、これも牧野由依の公演では初となるバックダンサーが登場。黒いワンピースに衣装替えした牧野はそのままダンサーを従え、大胆なアレンジが施された「CESTREE」、「Brand-new Sky」でユニゾンのダンスを披露していく。

ここからはラストスパート。「グッバイ・マイ・フレンド」ではふたたびピアニカを演奏し「the never ending rainbows」へとつないでいく。「ふわふわ♪」、「まわる まわる」、そして「ワールドツアー」で、今回新たな世界観を表現した牧野由依の世界へダイブ。"見たこともないような夢 見たいの"の歌詞がぴったりなほどの情景が広がっていく

アンコールでは、「節目で歌いたい」という楽曲「私について」を披露。最後に、4月放送のTVアニメ『サクラダリセット』で村瀬陽香役、そして主題歌「Reset」を担当することを発表し、場内は大歓声に包まれる。本楽曲は、『アイドルマスター シンデレラガールズ』佐久間まゆの「エヴリデイドリーム」などの作・編曲も務め、東京音楽大学時代からの友人でもある滝澤俊輔氏が制作。また、牧野自身がピアノを演奏しているなど、並々ならぬ想いが込められている。新曲に対する期待で静まり返った客席を前に初披露された「Reset」。スピード感あふれる同楽曲には、アニメとリンクしたワードが随所に散りばめられており、「歌詞カードを見ながら聴いてほしい」という願いも込められている。

2015年にデビュー10周年を迎え、声優・アーティスト・ピアノと3つの軸を武器に活動を続けている牧野由依。今回のライブで魅せてくれた過去楽曲のアレンジやダンサブルなステージ……。昔からのファン、新規ファン、どちらに迎合することもなく、その場に踏みとどまることなく、誰よりも進化を渇望し、新たな顔を見せ続けてくれる彼女の、強い想いがこれでもかと伝わってきた本公演。牧野の"音楽の旅はまだ 続いてく"。そう、しっかりと感じられることができたライブだった。

「YUI MAKINO LIVE―Thanx Beginning♪―」セットリスト

M-01 ウイークエンド・ランデヴー
M-02 Merry-go-round
M-03 星に願うなら
M-04 三月物語
M-05 What A Beautiful World
M-06 ウンディーネ
M-07 ソルフェージュ
M-08 太陽を巡って
M-09 secret melody
M-10 囁きは“Crescendo"
M-11 88秒フライト
M-12 CESTREE
M-13 Brand-new Sky
M-14 グッバイ・マイ・フレンド
M-15 the never ending rainbows
M-16 ふわふわ♪
M-17 まわる まわる
M-18 ワールドツアー
【ENCORE】
M-19 私について
M-20 Reset

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事