【レポート】

生バンドで"アニメ音楽そのもの"を感じられた音楽フェス 、"リスアニ!LIVE 2017 SATURDAY STAGE"をレポート

2 「生音だからできること」が最後の最後まで詰まった音楽フェスに

  • >
  • >>

2/2

そのムードをいい意味で一変させたのが、岸田教団&THE明星ロケッツ。ボーカル・ichigoの「今からこの武道館をライブハウスにしましょう! いいですかー!?」の呼びかけに呼応するかのように、メジャーデビュー曲「HIGHSCHOOL OF THE DEAD」で会場は一気に紅に染まる。重いバンドサウンドに突き刺すような歌声を乗せれば、続く「ストライク・ザ・ブラッド」でも自ら先頭を切って会場を高めつつ、「もっとイイ声聴かせてよ!」とichigoはさらにボルテージUPを要求。会場の熱は、どんどん高まっていく。

岸田教団&THE明星ロケッツ

MCでは「去年頑張った甲斐があった(ベース・岸田)」などと武道館に立てた喜びを語るメンバー。ここで、3月22日に3rdアルバム『LIVE YOUR LIFE』の発売と今夏のツアー開催を発表し、さらに会場を湧かせる。どうやら彼らには、去年以上に忙しい1年が待っているようだ。

そんな喜びと勢いに乗せて、新曲「Blood on the EDGE」や「天鏡のアルデラミン」を続けて披露。持ち味のトガッた魅力でガンガン武道館を攻めまくる。それを受けるオーディエンスもコール予習は完璧で、それを受けてかichigoもステージ上を動き回り、コール部でマイクを観客に掲げてより場内をひとつにしていった。

続く「GATE ~それは暁のように~」も、サビの大合唱は完璧。何の淀みもなく、武道館はひとつのピークに達そうとしていた。そこで彼らが最後に披露したのは、普段自らのワンマンライブでラストに必ず歌う「星空ロジック」。今度は武道館でワンマンを開催すべく、「ものすごくでっかいフラグを立てて帰る!(ichigo)」と宣言した。この曲ではギター・はやぴ~がハッピを着用したり、ichigoが客席を動画撮影しながら歌唱したりと、何でもありのある種のお祭りソングに。だが、彼らの一挙手一投足に呼応して楽しむ武道館は、その瞬間は確実に"ライブハウス"だった。

そこを、interludeの音とVJで完全に我が物へと変貌させていくfhana。大海を漂うようなバラード「calling」の、音と声とのハーモニーで場を浄化していく。ボーカル・towanaの歌声はもちろん、どこか浮遊感もある後奏で観客を世界に引き込み……からの必殺ナンバー「divine inrtervention」という構成は、本当にズルい。大歓声とともにイントロから一気に駆け抜け、towanaの歌声も特にDメロで武道館を突き抜けていくように感じられた。また後奏では、うれしそうに観客にマイクを向けてコールを煽る姿も。

fhana

MCで4月から始まるツアーの話題を挟んだところで、リリース直後の新曲「青空のラプソディ」を披露。イントロはディスコを連想させながらもサビの開け方はやはりfhanaオンリーワンのものい。また、メンバー全員のダンスが話題のMV同様にtowanaは踊りながら披露し、ラスサビではサンプラー・kevin mitsunagaもステージ前面に登場。また、キーボード・佐藤純一も2サビ後間奏でショルダーキーボードを携え、towanaと背中合わせでソロパートを披露。そのさまはまるで、後のトークパートで語られた「内面に入る静かな作品だった2ndアルバムと違い、外に出ていく楽しいものにしたい」というツアーのコンセプトを先行で体現するかのようだった。しかもそこからド鉄板曲「星屑のインターリュード」へ続くというのも、完全にリスナーの欲しがるポイントを心得ている。完全にfhanaのワールドに引き込まれた武道館は、もうただただその音や歌声に身を委ねて楽しむしかなく、ラストナンバー「Relief」へそのまま移行。どの曲もいい意味で一筋縄でいかない、どこまででも深く潜って楽しめる。それこそがfhanaである――と最後に改めて自己提示したかのような1曲で、彼らは自らのステージを閉じた。

続くGARNiDELiAは、まずはEDMの要素を取り入れた踊れるロック「極楽浄土」からライブをスタート。ダンサーふたりを従えて、強く押し出すよりも若干抜き気味の歌声で曲に寄り添っていく。もちろん、ボーカル・メイリアのダンスパフォーマンスも、合わせて艶やかなものに。すると今度はステージ上に無数の光の柱が立ち昇り、「grilletto」へ。その演出がステージと客席との距離をより近く感じさせたところで、今度は強い圧力を加えた歌声で全力全開のナンバーを届ける。しかしその歌声は、同時によく整理された聴き心地の良いものでもあった。すると、またも楽曲のテイストはガラリと変わり、ロサンゼルスを拠点に活動するDJユニット・HEAVYGRINDERとコラボしたR&B調の「BAD BOY -GARNiDELiA vs HEAVYGRINDER-」へ。ダンサーとのダンスタイムもたっぷり取りつつ、サビでは客席からクラップも。オーディエンスも決して置いてけぼりにせず、自らの新境地を届けていった。

GARNiDELiA

イベント自体もいよいよ終盤。メイリアの「そろそろ後先考えなくていいんじゃない?」との煽りから全開になった観客に届けられた「約束 -Promise code-」で、宣言通りに、先のことなど考えずにブチ上がる。間奏ではキーボード・tokuがショルダーキーボードでソロを執り、ここまでのメイリアのようにステージ上を駆け巡っていく。そしてよりデジタル色の強い「オオカミ少女」で、再登場したダンサーとともにパフォーマンスを展開し、間奏では銀の扇子を使っての舞を披露していく。そして「みんなもサイコーの声を出してください!」との言葉に続いて始まったラストナンバーは、メジャーデビュー曲「ambiguous」。頭サビ後「行くぞ武道館!」と改めて気合を入れてから歌われていくこの曲で、元からアツかったステージはもう一段熱量が上がる。そのアツさのまま、GARNiDELiAもオーディエンスも最後の最後まで疾走していった。

そしてこの日のトリを飾ったのは、声優ユニット・スフィア。「Neo Eden」のイントロとともに、彼女たちもステージ階段上から登場。1コーラス歌い終えたところで、ステージへと降りていく。ウォーミングアップが完全に完了したところで、序盤にしていきなり、4人の個性がそれぞれのソロパートで炸裂しまくる「Ding! Dong! Ding! Dong!」を投入。もちろんそのソロ部では、ステージの色もきっちりそのメンバーのカラーに。また、フリがミュージカル調なのが視覚的にも楽しい1曲だ。

スフィア

実はこの日がスフィアとしてのライブ初めの4人。"リスアニ!LIVE"恒例となった干支にちなんだ衣装についてトークに花を咲かせたところで、HoneyWorksとのコラボ曲「一分一秒君と僕の」を、しっとりとした頭サビから披露。イントロ等での連動したフリや、サビ頭で歌声を入れるタイミングなど、一見普通そうだが難しいポイントの多いこの曲をきっちりこなし、凛々しきナンバー「GENESIS ARIA」へ。

メインスクリーンが縦4分割になって4人それぞれを映し出す演出がさらにこの曲のムードを引き立てる。そして発売直前のアルバム『ISM』より、リード曲「SPHERE-ISM」を初披露。ロッキンなサウンドにマッチするように歌い方を意図的に荒くしたかのようなメロ部が印象的で、加えてコール部も多くリスナーへと馴染んだ暁には段違いの盛り上がりを見せそうな期待も持たせてくれた。その盛り上がりを加速させたのが、「vivid brilliant door!」。さらにロックへと舵を切ったこの曲で会場の熱は限界突破へと近づき、その壁を超えるべく歌われたラストナンバーは、なんと「LET・ME・DO!!」。スフィアのワンマンでは恒例のラスト曲で、2日目のリスアニ!LIVEを締めくくる。曲中のコールで散々盛り上がったのはもちろんのこと、生バンドならではの後奏のエンドレスコールで観客のとともに最後の最後まで声を武道館に響かせ、華々しくステージを締めくくってくれた。

こうして熱狂の渦のなか終了した「SATURDAY STAGE」、そして3日間の「リスアニ!LIVE」。なんとうれしいことに、早くも来年の3Days開催も発表されている。旬のアーティストから生だからこそ触れたいアーティストまで、来年はどんな顔ぶれが揃ってどんな"アニメ音楽そのもの"を私たちに観せて聴かせてくれるのか。年の初めから早速鬼に笑われそうだが、それでも来年の3Daysが、すでに楽しみで仕方がない!

"リスアニ!LIVE 2017 SATURDAY STAGE"2017.01.28@日本武道館 セットリスト

M-01 vanilla sky 綾野ましろ
M-02 刹那クロニクル 綾野ましろ
M-03 Lotus Pain 綾野ましろ
M-04 infinity beyond 綾野ましろ
M-05 スパイラルガーデン 綾野ましろ
M-06 ideal white 綾野ましろ
M-07 夢のつぼみ 水瀬いのり
M-08 MELODY FLAG 水瀬いのり
M-09 Starry Wish 水瀬いのり
M-10 あの日の空へ 水瀬いのり
M-11 harmony ribbon 水瀬いのり
M-12 Light for Knight 三森すずこ
M-13 せいいっぱい、つたえたい! 三森すずこ
M-14 FUTURE IS MINE 三森すずこ
M-15 Xenotopia 三森すずこ
M-16 ヒカリノメロディ 三森すずこ
M-17 ユニバーページ 三森すずこ
M-18 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 岸田教団&THE明星ロケッツ
M-19 ストライク・ザ・ブラッド 岸田教団&THE明星ロケッツ
M-20 Blood on the EDGE 岸田教団&THE明星ロケッツ
M-21 天鏡のアルデラミン 岸田教団&THE明星ロケッツ
M-22 GATE~それは暁のように~ 岸田教団&THE明星ロケッツ
M-23 星空ロジック 岸田教団&THE明星ロケッツ
M-23 calling fhana
M-24 divine intervention fhana
M-25 青空のラプソディ fhana
M-26 星屑のインターリュード fhana
M-27 Relief fhana
M-28 極楽浄土 GARNiDELiA
M-29 grilletto GARNiDELiA
M-30 BAD BOY -GARNiDELiA vs HEAVYGRINDER- GARNiDELiA
M-31 約束 -Promise code- GARNiDELiA
M-32 オオカミ少女 GARNiDELiA
M-33 ambiguous GARNiDELiA
M-33 Neo Eden スフィア
M-33 Ding! Dong! Ding! Dong! スフィア
M-33 一分一秒君と僕の スフィア
M-33 GENESIS ARIA スフィア
M-33 SPHERE-ISM スフィア
M-33 vivid brilliant door! スフィア
M-33 LET・ME・DO!! スフィア
  • >
  • >>

2/2

インデックス

目次
(1) 今年も最大限尊重されていた"出演アーティストらしさ"
(2) 「生音だからできること」が最後の最後まで詰まった音楽フェスに

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事