【レポート】

熱海は温泉だけじゃない! 花盛りな熱海を1年まるっと味わう

1 梅と桜が同時に満開! 世界が認めたバラ園で生ウニパスタを

  • <<
  • <

1/2

熱海というと「温泉」をイメージする人が多いだろう。もちろん、その魅力は格別なのだが、温暖な熱海温泉では梅と桜が同時に満開になるなど、他では味わえない趣もある。そこで今回、1年中楽しめる熱海温泉の遊び方・味わい方を紹介しよう。

熱海温泉「糸川桜まつり」の寒桜「あたみ桜」は、梅より先に満開になる

新年早々に観梅! 実は梅よりも先に桜が!?

12月に日本一遅い紅葉や楽しめる熱海温泉では、新年早々に「熱海梅園梅まつり」を開幕する。熱海梅園は熱海温泉を代表する観光スポットで、59品種472本の梅が早咲き・中咲き・遅咲きと順番に開花するので、約2カ月間の祭り期間中、じっくりと梅を楽しめる。見頃の最盛期は、例年2月中旬から下旬にかけてだ。

熱海温泉では、実は梅よりも寒桜が一足先に見頃を迎える。寒桜は「あたみ桜」の愛称で呼ばれ、冒頭の写真のように、温泉街中心部を流れる糸川沿いが桜並木に変身する。例年2月中旬が見頃だが、年末年始が暖冬だったため2017年は見頃が早まり、2017年の「あたみ桜」最盛期は、1月中で終了してしまった。

熱海梅園の入口では、紅梅白梅が咲きそろう。できれば晴天の日を選んで訪れたい

その代わり、河津桜の本場「河津桜まつり」の開花時期も前倒しになっており、熱海梅園の梅の最盛期と見頃時期が重なると見込まれている。早春の伊豆で、春本番を先取りして花見を存分に楽しもう!

●information
熱海梅園梅まつり
住所: 静岡県熱海市梅園町8-11
アクセス: JR東海道線来宮駅下車徒歩約10分。または、JR熱海駅から相の原団地行きバス約15分、梅園下車すぐ

世界が認めたバラ園もここに

熱海温泉は春以降も、四季折々の花が楽しめる楽園のような温泉地だ。ゴールデンウイークに姫の沢公園が満開のつつじで彩られた後、アカオハーブ&ローズガーデンでは5月下旬から春バラの季節を迎える。2015年には世界バラ会議で、日本の民営バラ園では初となる優秀庭園賞を受賞。世界的なバラ園の絶景は必見だ。

アカオハーブ&ローズガーデンは、夢のようバラの花園をバスから楽しめる

アカオハーブ&ローズガーデンの魅力は、立体的な植栽やアレンジがされており、バラが迫ってくるような迫力ある絶景を実現している点にある。バラの色にも配慮して、シンプルな色のバラはシンプルに見せ、派手な色のバラは派手にデコレーションされており、夢のような世界を実現している。プロポーズ・ガーデンやウエディング・ガーデンと名付けられた場所もあり、実際に結婚式を行うカップルもいるほどだ。

山の斜面にあるので徒歩で登るのは大変だが、無料園内バスで最上部まで送ってもらえる。車窓から素晴らしい絶景が見えるので、特に重点的に見たい場所をバスから下見しておこう。ゆっくりとバラを愛でながら徒歩で山を降りて行くのだが、疲れたら下りのバスに乗車することも可能だ。

アカオハーブ&ローズガーデンでは、バラやハーブの鑑賞だけでなく、バラやハーブを用いた石鹸やコロン作りも体験できる。いずれも900円(税込)と非常にリーズナブル。帰宅後に石鹸やコロンの香りを楽しめば、美しく楽しかったバラ園の思い出がその都度色鮮やかに蘇り、断然オススメだ。

一番人気の「生ウニのクリームソース」は、ミニサラダ付きで税込1,728円

園内には、イタリアンレストラン「ミッレフィオーレ」もあり、各種のパスタランチやハーブティー、ケーキセット等を楽しめる。オススメは「生ウニのクリームソース」で、濃厚なウニの味わいを楽しめる絶品だ。各種ケーキセットも864円(税込)とお手頃価格で、ドリンクに各種ハーブティーを選択することも可能だ。

●information
アカオハーブ&ローズガーデン
住所: 静岡県熱海市上多賀1027-8
アクセス: JR東海道線熱海駅から網代行きバス約15分、ハーブ&ローズガーデン下車すぐ

バラの季節に泊まりたいホテル

アカオハーブ&ローズガーデンは「ホテルニューアカオ」が経営する庭で、姉妹館のロイヤルウイングを含めて、宿泊者は割引料金で入場できる。専用のビーチとプールを含めたグループ施設は、「アカオリゾート公国」と呼ばれている。

ホテルからガーデンまで、無料シャトルバスが運行されており、バラの最盛期には宿泊者限定のツアー等のイベントも盛り沢山。ぜひとも、バラの季節に泊まりたい。

ホテルニューアカオには、熱海温泉でも極めて珍しい波打ち際の露天風呂がある

宿泊するなら、美しい新館「ロイヤルウイング」がオススメ。海を一望する温泉リゾートホテルで、ディナーには和食とフレンチから選べる。本館と新館は渡り廊下で接続しており、宿泊者は両方の浴場を利用できる。温泉的には、大浴場の他に露天風呂がある本館「ホテルニューアカオ」がオススメ。特に熱海温泉では貴重な、波打ち際の絶景露天風呂を存分に堪能したい。

ホテルニューアカオとロイヤルウイングは日帰り入浴も実施しているが、その場合はどちらか一方しか利用できない。ラウンジでのソフトドリンクのセルフサービスは、日帰りでも利用可能。湯当たり予防のためにも、十分に水分補給してから入浴しよう。

●information
ホテルニューアカオ「ロイヤルウイング」
住所: 静岡県熱海市熱海1993-65
アクセス: JR東海道線熱海駅から無料送迎バスで約10分

続いては6月の熱海温泉の魅力に迫る。また、銭湯並みの料金で気軽に日帰り入浴もできる老舗温泉で、ゆったりと疲れを癒やすというのもいいだろう。そんな旅にぴったりなところもあわせて紹介しよう。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 梅と桜が同時に満開! 世界が認めたバラ園で生ウニパスタを
(2) 気まぐれな世界三大花木も日本一遅い紅葉も熱海温泉の代名詞
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事