【レポート】

米国で広まるAmazonロッカー、多様な受取り法は何をもたらすか

1 Amazonロッカーとは?

  • <<
  • <

1/3

米Amazon.comで商品を注文すると、発送先として米国のAmazonが主要都市に展開するロッカーサービス「Amazonロッカー」を指定できる。日本でも宅配便受け取り方法のひとつとしてロッカーが注目される中、米国での滞在時に実際の使い勝手を試してみた。

米国で人気のAmazonロッカーとは?

Amazonロッカーは米国の主要都市で2011年に始まったサービスで、コンビニ店内などに設置されたAmazon専用のロッカーだ。Amazon.comでの買い物時に任意のロッカーを宛先として指定できる。ロッカーに荷物が届くと暗証番号が送られてくるので、自分でロッカーから荷物を取り出して持ち帰る仕組みだ。

ラスベガス・ストリップエリアにあるAmazonロッカーの例

メリットとして、万が一受け取れなかった場合は返品扱いになることや、商品に不具合があった場合にロッカーに再び入れることで返品できる点がある。旅行中ならホテルに送る手もあるが、滞在中に受け取れるかどうかは不安が残るところだ。ロッカーによっては24時間利用できるため、時間の自由度も高い。

一方、デメリットとしてAmazon以外の業者は使えないこと、人気のロッカーはすぐに一杯になってしまうことが挙げられる。ロッカーに送ることができる商品の種類やサイズにも制限がある。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) Amazonロッカーとは?
(2) Amazonロッカーを使ってみる
(3) 受取りの多様化は何をもたらすか
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事