【ハウツー】

iPhone SEで「Apple Pay」は使えるの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『iPhone SEで「Apple Pay」は使えるの?』という質問に答えます。

***

はい、iPhone SEとiPhone 6/6s(Plus含む)でも「Apple Pay」は利用できます。ただし、支払いに利用できる場所はApple Payに対応したアプリとWEBサイトに限られます。iPhone 7/7 Plusのように、電子マネーを利用した支払いにも対応していません。店頭での支払いなどApple Payのフル機能を利用するのならば、iPhone 7/7 Plusを選ぶしかないのが現状です。

その理由は、「FeliCa」に対応した無線通信チップが搭載されていないためです。iPhone 7/7 Plusには、日本向け製品でのみ有効化されたNFCチップ(Type-F/FeliCa)が搭載されているため、いわゆる「おサイフケータイ」と同等の機能を発揮できるのです。チップレベルで対応していないのですから、Apple Payのフル機能が必要な場合は日本国内で入手したiPhone 7/7 Plusを使うしかありません。

ただし、Apple Payに対応したアプリとWEBサイトは増えつつあります。たとえば、映画の鑑賞チケットを予約購入できる『TOHOシネマズ』、出前注文を行う『出前館』といったアプリは、iPhone SEとiPhone 6/6sでも登録したクレジットカードを利用し、Apple Payによる支払いを行うことができます。

なお、決済時に指紋認証(Touch ID)を使用するなど、支払い方法はiPhone 7/7 Plusと同様です。店頭では利用できないものの、クレジットカードを取り出すことなくアプリ内での支払いを完了させることができますから、対応アプリが追加されれば利用する機会も増えることでしょう。

iPhone SEとiPhone 6/6s(Plus含む)でも「Apple Pay」は利用できますが、支払いに利用できる場面は対応アプリ/WEBに限定されます

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事