【レポート】

CES 2017 - DELLの「XPS 13」が2in1に - "スパイダーマン"トム・ホランドがアピール

米DELLは5日(現地時間)、米ラスベガスで開催中の「CES 2017」で製品発表会を開催。13.3型ノートPC「XPS 13」の2in1モデル「XPS 13 2-in-1」などコンシューマ向け新製品を発表した。

「XPS 13」は、DELLが「Infinity Edge ディスプレイ」と呼ぶ、狭額縁のディスプレイを搭載するモバイルノートPC。狭額縁を生かした小型のフットプリントで、本体サイズはW304×D200×H9~15mm、重量は約1.2kg。DELLは「13.3型で世界最小サイズ」とアピールしている。

「13.3型で世界最小サイズ」をうたうXPS 13

今回発表された「XPS 13 2-in-1」は、ディスプレイが360度開く、コンバーチブル型の2in1 PCとなり、ディスプレイを開く角度によって、通常のノートPCやタブレットなど、マルチモードで利用できる。

XPS 13 2-in-1

ディスプレイが360度以上開くコンバーチブル型の2in1に

プロセッサは、第7世代Intel Coreプロセッサ(開発コードネーム:Kaby Lake)だが、通常の「XPS 13」と異なり、低消費電力版のIntel Core i5-7Y54/Core i7-7Y75を採用。最長15時間の長時間駆動を実現する。法人向けにはvPro対応の第7世代Intel Core搭載モデルも用意するという。

通常モデル同様に薄い。XPS 13 2-in-1は、通常よりもさらに1㎜ほど薄型化しているという

また、メモリは最大16GBまで搭載可能、ストレージは128GB SSDから1TB PCIe SSDまで幅広くそろえるほか、ディスプレイはペン入力とタッチに対応し、フルHD(1,920×1,080ドット)に加え、QHD+(3,200×1,800ドット)の2種類の解像度をそろえ、メインストリームからハイエンド構成まで対応できる。

2048段階の筆圧検知に対応したペン入力をサポート

インタフェースに、DC-in対応のThunderbolt 3(USB Type-C)や、PowerShare対応のUSB 3.1 Type-Cを搭載する。

向かって左側面はThunderbolt 3とオーディオポート

右側面はUSB 3.1 Type-CとmicroSDスロット

発表会では、映画「スパイダーマン:ホームカミング」で主役のピーター・パーカーを演じるトム・ホランド氏(シビル・ウォー/キャプテン・アメリカにも出演)が登場。DELLは「スパイダーマン:ホームカミング」の制作に協力しており、作中にもDELL製品が出てくるという。ピーターの親友は「Inspiron 15 7000 Gaming」を使っているという設定とのこと。

説明会にトム・ホランド氏が登場

XPS 13 2-in-1を紹介

ピーターの親友が使うノートPCとして「Inspiron 15 7000 Gaming」も紹介

「スパイダーマン:ホームカミング」の公式トレイラー。1分47秒くらいから「Inspiron 15 7000 Gaming」が映る

「Inspiron 15 7000 Gaming」は、メインストリーム向けの「Inspiron」ブランドで提供するノートPC。10代など若い世代に向けた、手に取りやすい製品だという。

Inspiron 15 7000 Gaming

プロセッサに4コアのIntel Core i5-7300HQ / Intel Core i7-7700HQ 、グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 1050 Ti / GeForce GTX 1050を搭載。2基のファンとヒートパイプにより、システム内を冷却する。

また、XPS 13 2-in-1と同様に、豊富なメモリ/ストレージのオプションに加えて、ディスプレイの解像度はフルHD/4Kから選択できる。

なお、両製品は米国において5日(現地時間)に発売。直販サイトとBest Buy限定と取り扱いとなる。XPS 13 2-in-1が999ドルから、Inspiron 15 7000 Gamingが799ドルから。日本国内での販売予定や価格は未定。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事