【レビュー】

デスクトップ向け"KabyLake"ことIntel Core i7-7700Kを試す - 14nm+プロセスの効果を検証する

33 消費電力測定(内蔵GPU)

 

33/34

消費電力測定(内蔵GPU)

最後に消費電力測定結果である。グラフ109がSandraのDhrystoneとWhetstone、グラフ110が3DMark FireStrikeのDemo実行時である。Dhrystone/Whetstoneの方は既にグラフ63でも見た通りなので驚きはないが、3DMarkの方は大きく異なっているのはちょっと驚いた。

もちろんこの中には、CPUの増分もある訳だが、それでもGPUでの消費電力増は20Wくらいある計算になる。この20Wの増分が、ここまで見てきた3D性能の底上げの代償ということになるわけだ。

グラフ111にそれぞれのテスト中の消費電力の平均値、グラフ112に待機時との消費電力差をまとめた。

この数字を使って先ほど同様に、3DMarkのFireStrikeのスコアで性能/消費電力比を求めると

  • Skylake:1288.3 3DMark/76.5W = 16.84 3DMark/W
  • KabyLake:1329.3 3DMark/99.3W = 13.39 3DMark/W

となる。消費電力ではなく消費電力差だと

  • Skylake:1288.3 3DMark/37.9W = 33.99 3DMark/W
  • KabyLake:1329.3 3DMark/59.7W = 22.27 3DMark/W

といった形であるが、いずれにせよKabyLakeでは性能こそ上がるものの、性能/消費電力比はむしろ悪化するというのは内蔵GPUでも同じということが見て取れた。

33/34

インデックス

目次
(1) 製品概要
(2) 今回のテスト環境
(3) Sandra 2016 SP3(Discrete GPU)
(4) RightMark Multi-Thread Memory Test 1.1(Discrete GPU)
(5) PCMark 8 v2.7.613(Discrete GPU)
(6) CineBench R15(Discrete GPU)
(7) POV-RAY 3.7.0(Discrete GPU)
(8) Intel Math Kernel Library Benchmark 2017.1.014(Discrete GPU)
(9) TMPGEnc Video Mastering Works 6 V6.1.5.26(Discrete GPU)
(10) 3DMark v2.2.3509(Discrete GPU)
(11) F1 2016(Discrete GPU)
(12) Far Cry Primal(Discrete GPU)
(13) Grand Theft Auto V(Discrete GPU)
(14) Metro redux(Discrete GPU)
(15) Rise of the Tomb Raider(Discrete GPU)
(16) Thief(Discrete GPU)
(17) 消費電力測定(Discrete GPU)
(18) Overclock(Discrete GPU)
(19) 中間考察
(20) RightMark Multi-Thread Memory Test 1.1(内蔵GPU)
(21) PCMark 8 v2.7.613(内蔵GPU)
(22) CineBench R15(内蔵GPU)
(23) POV-RAY 3.7.0(内蔵GPU)
(24) TMPGEnc Video Mastering Works 6 V6.1.5.26(内蔵GPU)
(25) 3DMark v2.2.3509(内蔵GPU)
(26) F1 2016(内蔵GPU)
(27) Far Cry Primal(内蔵GPU)
(28) ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルドベンチマーク(内蔵GPU)
(29) Grand Theft Auto V(内蔵GPU)
(30) Metro redux(内蔵GPU)
(31) Rise of the Tomb Raider(内蔵GPU)
(32) Thief(内蔵GPU)
(33) 消費電力測定(内蔵GPU)
(34) まとめと考察

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事