【レポート】

たった1機種で3周年 - トーンモバイルが狙うのは「利益を出せる構造」

1 かけ放題とフィルタリング、2つの新サービス

  • <<
  • <

1/2

トーンモバイルは30日、「IP 電話かけ放題オプション」、および家族が安心して利用できる「あんしんインターネット」を発表した。

トーンモバイルは月額1,000円から利用できる、TSUTAYAとfreebitによる格安スマホサービス。全国のTSUTAYAで契約できる、利用料金に応じてTポイントを貯められる、といったユニークなサービスが特徴となっている。トーンモバイルは今冬(2016年冬)、サービス開始から3周年を迎えた。

トーンモバイルは30日、IP電話かけ放題オプション、および家族が安心して利用できる「あんしんインターネット」を発表した

【関連記事】トーンモバイル、月額700円で10分かけ放題のオプション

2つの新サービスを開始

都内で開催された記者説明会には、トーンモバイル代表取締役社長 CEOの石田宏樹氏が登壇した。2つの新サービスは、同社の提供するスマートフォン「TONE」のソフトウエアアップデートにより実現する。「IP 電話かけ放題オプション」は、月額料金700円で10分以内の国内通話が回数無制限で利用できるサービス。

10分を超過する前に通知音を鳴らすこともできる。対応機種はm15のみで、国際電話は対象外となる。TONEを取り扱うTSUTAYAの店頭、TONEオンラインストア、TONEお客様サポート窓口で2016年12月1日から申し込み可能。TONE利用者は、申し込み日の翌月1日からサービスを利用できる。

なお2017年4月末までの申し込みにより、2017年12月利用分まで月額500円のキャンペーン価格で利用が可能。10分超過分の通話は通常の通話料金(21円/1分)が発生する。

トーンモバイル代表取締役社長 CEO デジタルアーキテクトの石田宏樹氏

発表された新サービス

「IP 電話かけ放題オプション」では、月額料金700円で10分以内の国内通話が回数無制限で利用できる

同社の「TONE m15」では10分を超過する前に通知音を鳴らす設定も可能

あんしんインターネット

また、家族向けサービス「TONEファミリー」に、Webフィルタリング機能「あんしんインターネット」を追加する。月額料金は一契約につき100円だが、TONEを2台以上契約しておりTONEファミリー(無料)を契約の場合は、利用料金は無料。なお2017年12月31日まではキャンペーンにより無料で利用できる。

あんしんインターネットはWebフィルタリング機能。「小学生モード」「中学生モード」「高校生モード」と段階設定できるフィルタリング機能により各カテゴリーの閲覧可否を決められる

TONE ファミリーでは、アプリの利用制限機能、アプリごとに利用時間が設定できる機能、子どもがどこにいるか常に確認できる見守り機能、あらかじめ設定した場所に子どもが出入りすると通知が来るジオフェンス機能などを提供している。これらの機能により、TONEは公益社団法人全国子ども会連合会の推奨商品に認定された。トーンモバイルでは、今後も家族の安心・安全な利用を促進していきたい考えだ。

子どもがどこにいるか常に確認できる見守り機能。子どもの端末のGPSをオンにすることで、マップ上で居場所が分かる。複数の子どもがいる家庭にも対応

「あんしんインターネット」は、Webフィルタリング機能。トーンモバイルでは、これらの機能を通じて家族の安心・安全な利用を促進していく

Amazonによる調査では、格安スマホに対し「閲覧制限」や「ネットアクセス内容の把握」といったニーズがあった

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) かけ放題とフィルタリング、2つの新サービス
(2) 新しいハードウェアに対する需要は小さい

人気記事

一覧

新着記事