【インタビュー】

イェソン×佐々木希、キュートなラブストーリー撮影の裏側は?

1 「イケメンのイェソンです」と自己紹介

  • <<
  • <

1/2

日本のトップスター・佐々木希と、アジアのトップスター・SUPER JUNIORのイェソンが、沖縄を舞台にハートフルなラブストーリーを繰り広げた、映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』(11月3日公開)。並ぶだけでキュートな2人が、韓国語の勉強を通して心を通じあわせていく。

イェソンが演じるのは沖縄出張中に会社がつぶれ、急遽語学講師となったヨンウン。そして佐々木はクビ寸前のシングルマザー・さくらを演じた。通訳を介しながらも、一つの作品をつくりあげた2人は互いにどんな印象を抱いていたのか。

■佐々木希(左)
1988年生まれ。秋田県出身。2006年に「プリンセスPINKYオーディション」でグランプリを受賞し芸能界デビュー。09年に『天使の恋』で映画初主演を果たし、以降女優としてもテレビドラマ、映画、舞台と活躍の場を広げる。今年公開された出演映画は、『縁 The Bride of Izumo』、『星ガ丘ワンダーランド』、『嫌な女』がある。

■イェソン(右)
1984年生まれ。マルチエンタテインメントグループ「SUPER JUNIOR」のメンバーで、リードボーカル。また、メンバー3名で構成されたユニット「SUPER JUNIOR-K.R.Y.」としても活躍。今年は日本でのソロ活動も決定し、本作では、主題歌も書き下している。アーティストとしてはもちろん、俳優としても今後の活躍が期待される。 撮影:宮田浩史

満面の笑みで「オッパと呼んで!」

――撮影に入って、初めてお互いが顔を合わせたときの状況で覚えていることはありますか?

佐々木:イェソンさんは今までも日本で活躍してきたと思うんですけれど、今回は単独でお芝居をされるということで、これまでとは違うプレッシャーや責任を感じられていたり、通訳を介する必要がある環境で演技をする点についても不安に感じられているのかなと思っていたのですが、初めてお会いしたときに、満面の笑顔で「よろしくねー。オッパ(お兄さん)って呼んで!」と明るく言ってくださって。

その後も不安な様子を感じさせずずっと裏でも努力されていたので、いろいろな国で活躍されてきたアーティストの方は流石だなと思いました。

イェソン:ありがとうございます。韓国で準備をしていたときは大変だったんですけど、沖縄の撮影に入ってからはとても楽しかったです。僕のほうが佐々木さんより5日くらい先に撮影を初めていて、その後に佐々木さんがいらっしゃったんですが、確か事務所のシーンで初めてお会いしたのを覚えています。

その時マスクをつけてトイレにいかれるシーンを撮っていたんですが、まだ挨拶をする前で、佐々木さんはどんな方だろうって、すごく気になってたんですね。その後、挨拶して、第一印象がほんとによくて。僕から「よろしくお願いします。SUPER JUNIORのイケメンのイェソンです」って言ったんですけど……。

佐々木:あーーー言ってましたね!

イェソン:それを佐々木さんが今みたいな感じで率直に、「イケメンだって!」って言ってすごく喜んでくださって。そんな風に第一印象から楽しくて、その後も気分よく撮影ができました。

佐々木:優しくて気配りのできる方でしたね。私も距離を縮められたらいいなと思って、恐れ多いんですけど、それからは、「オッパ」って呼ばせていただきました。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 「イケメンのイェソンです」と自己紹介
(2) ロケバスの前で歌の練習

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事