【レビュー】

GeForce GTX 1050 TiとGeForce GTX 1050を試す - ついにGeForce GTX 750 Tiの後継が登場

1 Pascal世代のエントリーGPUが登場

  • <<
  • <

1/6

10月25日22時より、NVIDIAの最新GPU「GeForce GTX 1050 Ti」と「GeForce GTX 1050」を搭載したグラフィックスカードやゲーミングPCの販売が開始された。GeForce GTX 1050 Tiが139ドル、GeForce GTX 1050が109ドル。

NVIDIAのブログで「GTX 1050 Tiは10月25日に、GTX 1050は11月8日までに発売される予定」と微妙な言い回しとなっているように、GeForce GTX 1050 Tiが先行して登場し、GeForce GTX 1050は後から登場するようだ。発売に先駆けて、搭載カードを入手できたので、早速そのパフォーマンスをチェックしたい。

GeForce GTX 1050 TiとGeForce GTX 1050は、いずれもPascal世代のエントリーモデルとして投入される。前世代(Maxwell)のエントリーモデルである「GeForce GTX 750 Ti」と「GeForce GTX 750」が発表されたのが、2014年2月。手ごろな価格と消費電力から、自作市場において長らく人気を博したが、ついに世代交代となった。

"Pascal"ことGeForce GTX 10シリーズのラインナップ。GeForce GTX 1050はPCゲーム入門向けという位置付け

GPUコアは"GP107"コアを採用。16nmFinFETによる製造や、最新世代のカラー圧縮技術、同時マルチプロジェクション技術(Simultaneous Multi-Projection)など、Pascal世代の他製品と同様の特長を備える。オーバークロック耐性も高く、NVIDIAのテストでは1.900MHzまでのオーバークロックにも成功したという。各カードベンダからOCモデルが豊富に投入されそうだ。

CUDAコア数は、GeForce GTX 1050 Tiが768基、GeForce GTX 1050が640基。Pascal世代のコンシューマ向けGPUでは、128基のCUDAコアで1基の「Streaming Multiprocessor」(SM)を構成することから、GeForce GTX 1050 Tiは6基、GeForce GTX 1050は5基のSMを搭載する計算となる。

"GP107"コアのブロック図。GP107をフルに活用するのがGeForce GTX 1050 Ti、ここからSMを1基無効化したものがGeForce GTX 1050

また、"GP107"コアでは3基のSMで1基のGPC(Graphics Processing Cluster)を構成するようで、GeForce GTX 1050 TiとGeForce GTX 1050のどちらも2基のGPUを備える。メモリインタフェースは128bitで、メモリスピードは7Gbps、メモリ容量はGeForce GTX 1050 Tiが4GB、GeForce GTX 1050が2GBとなっている。既存モデルとのスペック比較は以下の通り。

■ 表1 既存モデルとのスペック比較
製品名 1060(6GB) 1060(3GB) 1050 Ti 1050 960 950
プロセスルール 16nm 16nm 16nm 16nm 28nm 28nm
CUDAコア数 1,280基 1,152基 768基 640基 1,024基 768基
ベースクロック 1,506MHz 1,506MHz 1,290MHz 1,354MHz 1,127MHz 1,024MHz
ブーストクロック 1,708MHz 1,708MHz 1,392MHz 1,455MHz 1,178MHz 1,188MHz
メモリ GDDR5 GDDR5 GDDR5 GDDR5 GDDR5 GDDR5
メモリ容量 6GB 3GB 4GB 2GB 2GB 2GB
メモリバス幅 192bit 192bit 128bit 128bit 128bit 128bit
メモリスピード 8Gbps 8Gbps 7Gbps 7Gbps 7Gbps 66.6Gbps
メモリ帯域幅 192GB/秒 192GB/秒 112GB/秒 112GB/秒 112GB/秒 105.6GB/秒
TDP 120W 120W 75W 75W 120W 90W
補助電源 6ピン×1 6ピン×1 - - 6ピン×1 6ピン×1

NVIDIAによると、最新ゲームを快適にプレイするには、高いグラフィックス性能が求められており、4年前のゲームと比べて、1080p/60fpsを実現するための性能はおよそ3倍になっているという。GeForce GTX 1050は、4年前のGPUである「GeForce GTX 650」比で3倍の性能を備えており、「Grand Theft Auto 5」や「Gears of War 4」などのAAAタイトルや、「Dota2」「OverWatch」といったe-Sportsタイトル、「World of Warcraft」に代表されるMMORPGを1080p/60fpsでプレイできるという。

「Tomb Raider」「Grand Theft Auto」「The Witcher」の旧作と最新作で、必要とされるパフォーマンス。ここ4年ほどで3倍の性能が求められる

4年前のGPUである「GeForce GTX 650」と比べて、GeForce GTX 1050は3倍の性能を実現するという

これらの人気タイトルにおいて、「medium」あるいは「high」で60fps以上のフレームレートを実現するという

また、TDP 75Wの低消費電力で、リファレンスの仕様では補助電源コネクタが不要なことから、旧世代PCのアップデートに好適という。NVIDIAでは、CPUを最新世代に刷新するよりも、旧世代のCPUを搭載したPCにGeForce GTX 1050 TiやGeForce GTX 1050を取り付けることで、大きな性能向上が実現できるとしている。

補助電源レスで旧世代PCのアップグレードに適しており、古いPCでもすぐに最新ゲームがプレイできるとしている

CPUを刷新するよりも、グラフィックスカードを追加した方が大きな性能向上が見込めるとNVIDIAはアピール

  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) Pascal世代のエントリーGPUが登場
(2) テスト環境の紹介 - GeForce GTX 1050 TiはリファレンスとOCモデルを用意
(3) ベンチマーク結果「3DMark」
(4) ベンチマーク結果「UNiGiNE Heaven/Valley」
(5) ベンチマーク結果「ゲーム系ベンチマークテスト」
(6) ベンチマーク結果「消費電力」とまとめ

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事