【インタビュー】

高橋メアリージュン、『闇金ウシジマくん』凶暴闇金・犀原茜の怪演記録と別れ - 第1回「私の中で生き続けている」

1 七味をぶっかけ火をつける

 
  • <<
  • <

1/2

『闇金ウシジマくん』の実写シリーズ完結が発表され、「犀原茜にまた会える!」という高揚感の後に襲ってきたのは「犀原茜にもう2度と会えなくなる」という喪失感だった。今から2年前、犀原茜は映画『闇金ウシジマくん Part2』のオリジナルキャラとして誕生した。山田孝之演じる丑嶋馨のライバルで、闇金融・ライノーローンの女経営者。部下でドMの村井(マキタスポーツ)をどつき回しながら、サディスティックな暴力と奇声で債務者たちを追い込み、容赦なく金をむしりとっていく。

女優の高橋メアリージュン 撮影:荒金大介

山田が築き上げてきた丑嶋の迫力に対抗できる女優は一体誰なのか。キャスティングが難航する中、犀原茜が舞い降りたのはPart2でラストシーンの撮影が行われていたロケ場所近くの公園だった。合間に行われたオーディションで、高橋メアリージュン(28)は行き交う人が振り向くほどの怪演を見せ、山口雅俊監督の心をつかむ。

2010年にスタートし、ドラマ『闇金ウシジマくん Season3』(7月18日~9月19日MBS・TBSほか)を経て、『闇金ウシジマくん Part3』(公開中)、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』(10月22日公開)の2部作連続公開でフィナーレを迎える人気シリーズ。個性的なキャラクターたちの中で犀原ファンも多く、高橋のもとには熱いメッセージやイラストなども数多く寄せられているという。最近、「今」を記憶にとどめるために日記を書き始めたという高橋。マイナビニュースでは、彼女の言葉と共に犀原茜の周辺の声を数回にわたって記録していく。

――犀原茜を演じたのは今から約2年前。役柄にはすぐに戻れるものですか?

茜の衣装を着た時に気持ちがスッと入り込めました。あとは、カカトを踏んで靴をはいたりすると、ガニ股で歩くようなしぐさも自然とできるようになるんです。茜以降、いろいろな役を演じさせていただいたので、違うエッセンスが入ってしまわないか心配でしたが、前作では言ったことがないセリフや見せたことがない表情に挑戦することは楽しみ……でも、やっぱり不安もあったと思います(笑)。それらすべてが、「犀原茜」になってしまうので。

――前作ではゼロから作り上げていった役でしたが、今回はその自ら作り出した役がベースに。

「犀原茜」というキャラクターを、監督含め、大切に思ってくださっている方がたくさんいらっしゃるので、皆さんをがっかりさせたくない気持ちがとっても強くて。「ベースは崩さないように」を心がけ、レベルアップの方の変化を意識していました。

闇金融ライノーローンの女経営者・犀原茜(右)は部下の村井を従えて債務者を追い込みに行く

――これだけの期間を空けて同じ役を演じたことは?

初めてです。(脚)本を読んだ時に「茜ってこんなこと言うのかな」と感じた時があって、現場に行ったらやっぱり監督も同じようなことをおっしゃっていたことがありました。そんな時はセリフが急きょ変更になったりもします。他の人のセリフが、茜のセリフになったこともありました。そのあたりの違和感というか感じていたことが監督と重なっていたので、それはとてもうれしかったです。

――前作で山口雅俊監督に抜てきされて以降、たくさんの作品に出演されました。あらためて監督作に出演し、求められるレベルが高くなったなど変化はありましたか?

私が出演した舞台を観に来ていただいて、あとで連絡をいただいたのですが、「お前はまだビギナーだからな」と。素直にそう思ったので、「もちろんです。がんばります」と返しました。監督は、私が調子に乗らないようにそうやって釘を刺してくださるんです。ほめてくれる方が多い中、締めてくれる方もいるのはありがたいことだと思います。

――しかし、経験を積んだ分、磨かれている部分もあるのでは?

どうなんでしょう。「初心忘るべからず」は変わらず思い続けていることですが、よく「真面目すぎる」と言われるので、もっと自由に”遊ぶ演技”ができればいいなと思います。真面目な部分も大切だと思いますが、「監督が言ったからこうしよう」みたいなところがどうしてもあって。先輩方は、現場で監督と駆け引きしていたりするので、いつも反省しています。

――今回、そんな場面は?

茜は自由にというか。これが茜っぽいだろうなという振る舞いに自然となるんだと思います。例えば、ドラマの中でJPという登場人物が食べているそばに七味を入れてあげるシーンがあって。

――あら。茜さん、めずらしく優しいですね。

ええ(笑)。本番で七味の蓋を外して、全部ドバッと入れたんです。

――あー、やっぱり……(笑)。

一発OKでした。

凶暴キャラの撮影秘話

――犀原の部下・村井を演じるマキタスポーツさんとは、映画『みんな!エスパーだよ!』(15年)以来でしたね。

唯一、わきあいあいとお話しできる相手というか。ピリッとしたシーンが多いと入り込んでしまうのですが、マキタさんとご一緒する時は結構お話します。あるシーンで、私が債務者のお弁当にお箸を突き刺したんです。あまり縁起良くないことなんですけど……。そういう時に、マキタさんはさり気なく抜いてくれる(笑)。たとえ本番のアドリブがあっても、こんな感じでお芝居の中でのコミュニケーションを成立させてくださいます。

――過激な場面といえば、映画の中では河川敷でオリエンタルラジオの藤森慎吾さんに火をつけるシーンもありましたね……めちゃくちゃ怖かったです。本当につけてるんですよね?

はい(笑)。実際に火を付けた相手は、アクション部の方でしたけど。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 七味をぶっかけ火をつける
(2) 役者にとっての「うまい演技」とは?

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事