【レポート】

『バンブラP』彩崎ゆうCDリリースイベントにi☆Risの芹澤優、澁谷梓希が登場 - 公開収録、ライブ、ゲームプレイに大盛り上がり

ニンテンドー3DS用ソフト『大合奏!バンドブラザーズP』内のラジオ番組「オールナイトスッポン」パーソナリティ・彩崎ゆうのデビューCDリリースイベントが9月25日、東京・ニッポン放送イマジンスタジオにて行われた。イベント登壇者はi☆Ris・芹澤優と澁谷梓希。

左から芹澤優、澁谷梓希

『バンブラP』は自由に楽曲をダウンロードし、メロディやギター、ベース、ドラムなど好きなパートを選んで合奏できる音楽ゲーム。プレイヤーが作成した楽曲を投稿し、それをダウンロードして遊んだり、Wi-Fi通信を利用し最大10人まで同時演奏プレイを楽しんだりすることができる。

彩崎ゆう

彩崎ゆうは、「全スッポン新人声優オーディション」でグランプリを獲得し、『バンブラP』ゲーム内で配信されているラジオ番組「オールナイトスッポン」のメインパーソナリティを務める新人声優。いまだユーザーの前に姿を現したことはなく、i☆Risを尊敬していたり、i☆Risの芹澤優を推していたり、その芹澤優に声が似ていたりするなど謎の多い声優。

現在「オールナイトスッポン」は、「がんばれ彩崎ゆうちゃんのオールナイトスッポン!」として配信中。彩崎が「自身のCDをブラジルで200枚売り切れないと日本に帰れない」という使令を受けているため、応援パーソナリティとして芹澤優と澁谷梓希がピンチヒッターを務めている。

彩崎はいまだブラジルから帰ってこられないため、今回の「彩崎ゆうデビューCDリリースイベント」も芹澤と澁谷の二人が応援に駆けつけ登壇した。イベントは3部制になっており、第1部では「オールナイトスッポン公開収録&ミニライブ」、第2部では「気ままに9129(くいつく)大合奏ミニ! &ミニライブ」、第3部では「フリーライブ&お渡し会」が行われた。

第1部「オールナイトスッポン公開収録&ミニライブ」では、まず「オールナイトスッポン」の公開収録が行われた。ラジオの公開収録自体がはじめてだという澁谷は「(今回は自分たちが主役ではなく)今日は彩崎ゆうちゃんのイベントですからね。彩崎ゆうちゃんの代わりです」と応援に来たピンチヒッターということを強調。それを受けた芹澤は「あんなかわいい声の持ち主だから応援したくなりますよね! その気持ちわかります!」と、自己アピ……彩崎への愛を見せつけていた。

まず一つ目のコーナーは「ザ・ボイス! 早口いうか!」。このコーナーは、早口言葉が得意な彩崎ゆうが声優としてより成長していくため、リスナーが考えた「早口言葉」にチャレンジするというもの。現在は彩崎の代わりに芹澤と澁谷が挑戦している。今回は、会場に駆けつけたファンの中から一人を選び、成功の「グッジョブ」か、失敗の「バッジョブ」かを決めてもらうという、公開収録ならではの企画に。最初のお題「暖かい戦いの観客席」では芹澤が一度練習を挟んだものの、二人とも危なげなくクリア。続いてのお題「歌謡曲交響曲協奏曲」では芹澤が編集点を作るという荒業で二度目に無事成功、対する澁谷はボロボロだったものの、「グッジョブ」の優しさあふれる判定で見事パーフェクトを達成した。

二つ目のコーナーは「無茶ぶり! ゆうワールド☆」。リスナーから送られてくる「彩崎ゆうに演じて欲しいキャラの設定やシチュエーション」をアドリブで乗り切っていくという企画。最初のテーマ「流れ星を見つけたのにくしゃみが出て願い事が言えなくなって泣いちゃった6歳くらいの女の子」では、ジャンケンで配役を決定し、芹澤が6歳、澁谷が流れ星を演じることに。ステージ上で泣く芹澤の前を「ホシー」と声を上げ通過していく澁谷というなかなかシュールな図になったところで、二人のメンタルが限界に達し終了。続くテーマ「友だちの結婚式の余興を頼まれたラッパー」では、芹澤がラッパー、澁谷が新郎新婦というまさかの3役が登場することに。最近、余興の練習をしたという芹澤は自信満々。ラップの途中、澁谷がステージから降りてしまうも、気にせず振り付きでラッパーを演じていく芹澤の心の強さが表れたコーナーとなった。……が、すべて終えたあと「生きるってほんと怖いですね」としっかり心を折られてしまっていた芹澤だった。

ここで突然、芹澤が咳き込み「もうダメだ。飴ちゃん取ってくる」と控え室へと姿を消してしまう。その途端、ブラジルにいる彩崎ゆうと電話が繋がったとの報告が入り、早速澁谷と通話することに。現在「ブラジルの首都・ブリュッセル」に2カ月もいるという彩崎は、会場にいるファンからの声援に泣き出してしまうシーンも。その後、ブラジルでCDは売れなかったものの、無事飛行機で日本に帰ってくることが出来そうという話や、澁谷からの「大好き」に興奮した彩崎が芹澤から澁谷に推し変しそうになる話などで盛り上がった。無事戻ってきた芹澤は彩崎と通話できなかったことを残念がっていたが、またの機会にということで落ち着いた。

そして芹澤が、彩崎の楽曲「You can do it!」と「Song For You!」をカバーして披露するミニライブコーナーが開催された。「You can do it!」は「みんなを励ましていく」楽曲。彩崎の応援団でもある芹澤がカバーすることで、彩崎自身への応援歌へと姿を変えていった。真っ直ぐ笑顔で歌い上げる芹澤からのエールはきっとブラジルにいる彩崎にも届いたことだろう。2曲目の「Song For You!」は、たくさんの人に支えられ、励まされている彩崎からファンのみんなに送る歌で、ファンと一つになって叫ぶ「You! You!」のコールがとても心地よい楽曲。こちらも不安を感じさせず堂々と表現していく芹澤。歌唱後、「ブラジルのゆうちゃんが見えた」と彩崎をその身に感じていたという芹澤。こうして、第1部「オールナイトスッポン公開収録&ミニライブ」は幕を下ろした。

第2部「気ままに9129大合奏ミニ! &ミニライブ」では、芹澤&澁谷が会場のファンたちと一緒に『バンブラP』の同時演奏プレイを楽しむというコーナーがメインとなる。澁谷はニコ生「気ままに9129大合奏!Byスッポン放送」でWi-Fiを使用した「合奏」をしているため慣れたもの。反面、あまり経験がない芹澤は「みんなでゲームをするって楽しいな」としみじみ語っていた。

まずは彩崎の持ち曲「You can do it!」を澁谷が、「Song For You!」を芹澤がファンたちと演奏していく。澁谷はいつもマスターでプレイしているが、今回はビギナーを選択(ビギナー・アマ・プロ・マスターの順に難易度が高い)。澁谷は「You can do it!」のドラムパートをスタンダードな「ボタン」ではなく、タッチペンを使った「スライド」で演奏。曲が流れ出し、ノリノリで歌い出す芹澤の横で、澁谷は慣れない「スライド」演奏のため安定したプレイが出来ず四苦八苦。続く芹澤は「Song For You!」を演奏。学生時代、軽音部でバンド「SARY」を組み、ギターボーカルを担当していた芹澤だが、「『バンブラP』のギターは難しいから」という理由でメロディをプレイしていた。

『バンブラP』での「You can do it!」と「Song For You!」(画像は筆者の3DSより)

会場ではCDも販売されていた

3回目のプレイは澁谷が担当。澁谷やファンが選んだ楽曲をランダムで選ぶ「おまかせ演奏」をすることに。そこで選ばれた曲はなんとi☆Risの「Make it!」。自分たちの楽曲ということもあり大盛り上がりで、芹澤は慣れないMIX を打ち、澁谷は『特別開校! プリパラスクール』でムートン伊藤が披露したオリジナルコールで応援し、自分のパートがないときには3DSを置き踊りだす。さながらミニi☆Risライブ会場のようだ。終了後、澁谷は「ふつうのライブで(ダンスを)やるより、『バンブラP』でやる方が疲れる(笑)」とコメントしていたが、今回の演奏で一番優秀な成績を収めていたのは澁谷だった。その後、第1部と同じくミニライブコーナーを披露。続く第3部「フリーミニライブ&お渡し会」では本日一番の熱気に包まれ、「彩崎ゆうデビューCDリリースイベント」は大盛況のまま終了した。

(C)2013 NINTENDO DEVELOPED BY INTELLIGENT SYSTEMS POWERED BY VOCALOID™

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事