【レビュー】

Apple Watch Series 2実機リポート! 我々の生活をより長く支える - 松村太郎のApple深読み・先読み

1 長持ちするバッテリーに防水機能とGPS

  • <<
  • <

1/5

筆者はこの原稿を書くまでの5日間、Apple Watch Series 2 アルミニウムケース スペースブラック 42mmを装着して過ごした。

Apple Watch Series 2 アルミニウムケース スペースブラック 42mm

これまでの1年半、Apple Watch スペースブラック42mmを使ってきたという前提から、Apple Watch Series 2の魅力に迫りたい。

Apple Watch Series 2は、朝から装着して、朝のメディテーション、仕事、昼休みにGPS+ワイヤレス音楽再生の30分のウォーキング、午後の仕事と夕方の散歩、そして夜寝ながらの睡眠計測をこなす。

充電せずに寝ても朝起きたときにはバッテリー残量は45%以上で、翌日同じような1日を過ごして帰宅するまで夕方までは、軽く電池が持つようになった。 それでも、筆者の手元にある自動巻き機械式時計のような「充電不用」というわけにはいかない。しかし、前述のように、夜ベッドでのApple Watch活用の可能性が開けた点は、大きな変化をもたらした。

もう一つの魅力である防水機能は、風呂では試せたが、残念ながらプールに泳ぎに行くことはできなかった。サンフランシスコ周辺は、日本に例えれば秋が深まった頃の陽気。屋外プールはさすがに寒すぎるので。

さて、第一印象をお伝えした後で、Apple Watchのラインアップとその呼称に関する変更ついて。

これまで、ケースの素材によってラインアップを分けており、アルミニウム製で軽量と価格の手頃さが魅力のApple Watch Sport、ステンレススチールを磨き上げたApple Watch、そして非常にプレミアムなApple Watch Editionという構成であった。

しかし、第2世代のApple Watch Series 2は、Editionを残して、通常モデルとスポーツモデルは統合された。そのため製品名は「Apple Watch Series 2」だけとなり、これに続くケースの材質やカラー、サイズの表記で見分けることになる。

ちなみにこれまでApple Watch Sportと呼ばれてきた第1世代のApple Watchのみ、ラインアップに残され、「Apple Watch Series 1」となった。ラインアップはよりシンプルになったという印象を受ける。また選ぶ人にとって、アルミだから廉価版というイメージを払拭し、用途に応じた選択を促す狙いもある。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) 長持ちするバッテリーに防水機能とGPS
(2) わりと感じる、重量増
(3) 防水機能
(4) GPS搭載はランナーにとって魅力
(5) これから、そしてSuica
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事