【レポート】

家具を運びこむ前に! 新居に引っ越したときにまずやるべきこと3つ

転勤などで新たな生活を始める人も多い季節となりました。新しい土地に移り住む引っ越しは、風水では運気アップのチャンスでもあります。今回は、新居に荷物を運びこむ前にまずやるべきことを紹介します。

まずは部屋に風を入れましょう

部屋に風を通す

風水では、幸運は風によって運ばれてくるとされます。何日も締め切ったままの部屋では、気がよどみ陰の気が停滞しています。ドア、窓、クロゼットの扉、棚の扉など、あらゆる開口部を開け、外からフレッシュな空気を取りこみましょう。悪影響となる陰の気を追い出すことができます。

盛り塩をして部屋を浄化

引っ越し先では多くの場合、引っ越し前に住んでいた人のエネルギーがその土地や部屋の中に残っています。また、新築であっても、建物が立つ前の状態のエネルギーを引きずっていることがあります。そうしたエネルギーに影響されてしまうと、運気を損なう恐れがあります。まずは部屋の気を浄化して、まっさらな状態へと戻しましょう。

盛り塩で部屋をまっさらな状態に

部屋の浄化には、盛り塩をして残留している気を吸収させてしまうのが一番良い方法です。ただし、精製塩では効果がないのでご注意を。必ず手の加えられていない天然塩を用意しましょう。

天然塩を半紙の上にうずたかく盛り、部屋の四隅と水回りに置きます。初めて置く場合は3日ほど置いたら、洗面所などで流してしまいましょう。陰の気をためこんだ塩をいつまでも置いておくのは、よくありません。

掃除は念入りに

最初は慣れない空間で始める新生活。しばらくの間は落ち着かないものですが、気が散漫になって不具合をおこさないようにする事が大切です。家具を運びこむ前に壁や床、クロゼットの中に至るまでキレイに掃除をしましょう。しっかり掃除をすることにより、自分のエネルギーを部屋になじませることができます。

床や壁など、部屋の隅々まで念入りに掃除しましょう

マイナスとなる陰の気は、下へ下へと移動します。特に床はさまざまなエネルギーをためやすいところですので、天然塩を少々溶かした水で水拭きしましょう。特に部屋の角は、良くない気がたまりやすいので念入りにおこないましょう。その後、塩害を防ぐため真水で再度水拭きすることも忘れずに。

新たなスタートと共に大きな幸せが運ばれてくるよう、部屋の気を清らかにして居心地の良い空間づくりをしましょう。

※画像はイメージ

著者プロフィール: 月香(つきか)

ハート占い1to1ハートスクール1to1主宰。
幼い頃よりさまざま体験を通じて、目には見えない何か不思議な力が存在していることに気づく。
スピリチュアルカウンセラーとして、風水や四柱推命、霊視をしながら、たくさんの方々を鑑定。人は誰でも最良の選択をすることで、幸せを引きよせることができると実感する。
スクールでは、占い師、セラピスト、スピリチュアルカウンセラー、ヒーラーを養成。
モータースポーツにも従事。レーシングチーム、Team Sky Lightに所属。
関連キーワード

人気記事

一覧

2017年10月20日の運勢

イチオシ記事

新着記事