【インタビュー】

声優・田所あずさに訊く、2ndアルバム『It's my CUE.』制作秘話 - 歌うことをやめなければ歌えませんでした

2 成長した姿を見せないといけない

  • >
  • >>

2/2

初の作詞・作曲も

――4曲目の「spit out」は作詞もされていますね。2ndシングルのカップリング「Straight Forward」以来の作詞だと思いますが、いかがでしたか。

相変わらず「作詞は大変だな」と思いました。最初に作曲の黒須克彦さんから曲をいただいた瞬間、「好きだ!」って感じていたんですよ。なので、よりかっこよく見せられるような歌詞を書きたいなと。

――聴いている人に問いかけるような歌詞ですよね。つまらない人生を送ってきた自分に対して反省してしまうくらい。

自分に対して向けた歌詞でもあるんですよ。もう一人の自分に言っているようなイメージです。最初に曲を聞いた時に「すごくイライラしている曲だな」という印象を受けたので、私の中でイライラする出来事とか、怒っている時の感情を思い出しながら作詞をしました。

――真面目な田所さんからこんな歌詞が出てくるんだ、と驚きました。新たな一面を見せていただいたような気持ちです。そういった意味では「孤毒ディストレス」も新しい楽曲だと思います。

はい、いままで歌ったことがないジャンルですよね。第一印象は「ゴスロリっぽい」でした。私にとっては新しい曲なんですけど、世界観がしっかりと構築されている曲なので、入り込みやすく、レコーディングは早かったです。言葉をきちんと伝えるように歌いました。雰囲気があるので、ライブのときに栄えそうですよね。「孤毒ディストレス」もライブが楽しみな曲の一つです!

――その雰囲気は「夜はいつか朝になる」でまた変わっていきます。

今回のアルバムの中では唯一のやすらぎソングですね。ロックにしつつもひとときのやすらぎを提供できるような。ほかの曲とは違う魅力が出せたらと思います。また次の曲がハードなんですよ。

――「世界が終わったあとの夜」。この曲もまたいろいろな顔を持っていますね。

曲の始まり、Aメロはぽつりぽつりと、つぶやくくらいな歌い方ですね。こんなに音量小さくて聞こえるのかな? ってくらいに。でも、2番から思い切りロックになっていく。一番のAメロと落ちサビの歌い方を比べると雰囲気は全然違います。1曲のなかでいろいろな表情を見せてくれますね。次の「ALERT from THE END」は心が折れそうになりました。

――レコーディングがつらかった?

つらかったです。ずっと強く歌っている感じだったので、汗ダラダラになりながら、たくさんテイクを重ねて、持久走みたいでしたね。乗り越え方は、「とにかくやる!」でした。気合ですね。その甲斐あって、すごくカッコいい曲に仕上がりました。特にサビのメロディライン!

――10曲めの「アンソリティア」は作詞と作曲、両方担当されていますね。

私がいまレギュラーでアシスタントをしているラジオ番組『ミュ~コミ+プラス』でアルバムの制作を追ってくださっているんですけど、企画の一つとして、作詞と作曲をしてみようというお話をいただいて担当することになりました。

――「田所あずさプロジェクト2016」ですね。初めて作詞・作曲両方やってみていかがでした。

難しいですね~! ゼロから何かを生み出す人は本当にすごいなと思いました。「鼻歌でメロディ歌ってみてよ」と急に言われても知っている曲しかでてこなかったです。なので、コード進行を先に作っていただいてから、楽器はまったく使わずに鼻歌でメロディを当てはめるというやり方になりました。

――昨年からギターを練習されていますけど、ギターを使っての作曲とかはなく。

ギターはとりあえず家に置いてあります(笑)。ちゃ、ちゃんと練習します!

――もしかして、もう部屋の家具の一部に……。

最高にカッコいい家具ですね!(笑)。

必死にやる気なく歌いました

――続く「英雄なんていない」は、いつもの田所さんらしさを感じる曲。

だからこそ成長した姿を見せないといけないという話はしていました。難しい曲ばかりの『It's my CUE.』の中で、「英雄なんていない」はある意味ストレートな楽曲、王道なアニソンって感じですね。いろいろ難しい曲を経て、この曲を歌うと「懐かしいな。戻ってくるのも楽しいな」って、気持ちよく歌えました。緊張はしますけど、成長した姿を見せられると思います。

――「Boom! Boom!」はまたロックだけど、違うイメージのロックですね。

これは新境地でしたね。曲を聞いた時は「可愛らしい曲だなー」って印象だったんですけど、実はまったく違いました! ブルーハーツさんみたいな歌い方というか、べらんめぇな感じ(笑)。

――歌い出しから「風のない日にうずくまってりゃ 風を感じるわけがねぇだろ」ですもんね。

江戸っ子っぽい言い回しなので、歌い方を変えるのが一番難しかったかもしれないです。真面目に歌うことをやめなければ歌えませんでした。いい意味で適当というか、気だるく、お祭り感が必要なので、必死にやる気なく歌いました。

――自らその境地に辿りついたんですか?

最初は綺麗に歌いすぎていたんです。途中でディレクターさんが実演してくれて、「アクセントをつけすぎるくらい、雑くらいがちょうどいい」って。私のポリシーにないことだったのでなかなかうまくいかなかったですね。でも、ある意味新しい一面を見ていただけるなと。ロックにもいろいろな種類があるなと勉強になりました。

――もうすっかり腑に落ちた?

うーん、実はまだモヤモヤしています。大丈夫なのかなって不安ですね。なので、ライブでみんなに聞いてもらって判断してもらいたい(笑)。そこで私の中で認められるんじゃないかなって。

――ライブだと「Boom! Boom!」は最高にハシャげそうですね。

うまく歌おうじゃなくて、みんなで騒ごうと思っています。タオル振り回し曲なので、「Boom! Boom!」と振り回してもらいたいですね。

――先程から話題にも出ていますが、2016年10月7日・8日には、ワンマンライブ「Azusa Tadokoro 2016~before the CUE/OVERDRIVE&DISTORTION~」が開催されます。同会場での2Daysライブは初ですよね。

まだ構想などは決めている最中なのですが、『It's my CUE.』を引っさげてのライブなので、めちゃめちゃロックなライブになると思います!

――「こういったことをやりたい」みたいな野望はありますか?

ギターをへし折るとか、水を口に含んでブーって引っ掛けるとか……。いろいろやりたいですね(笑)。

――え、えーと、また違ったロック像があるみたいですが、いままでの田所あずさとは違った魅力が見られるということで期待してもよろしいでしょうか。

はい! 期待しててください! カッコよくてクールで新しい、いままでの私とは違った面が見られると思います。『It's my CUE.』はアガる楽曲がたくさんありますので、ライブに遊びに来て、楽しんでいただけたらと思います!

――7月17日にはホリプロ所属の声優さんたちが出演する 「Anisong Ichiban!! -外伝- presented by HoriPro in SAPPORO」もありますし、8月26日~28日に開催される「Animelo Summer Live 2016 刻 -TOKI-」にも参加されますし、本当に「田所さんの出番だ」という印象です。

「アニサマ」は個人として初参戦です。ものすごくプレッシャーはあるんですけど、みなさんに楽しいと思ってもらえるような時間を作れたら良いなと思っています。「Anisong Ichiban!!」もぜひ札幌に遊びに来てください!

――最後に、同じ事務所のMachicoさんにも後日インタビューで登場いただくのですが、田所さんはMachicoさんと公私ともに仲が良いですよね。なにかメッセージがありましたら。

えーと、ポトフを作るのが上手になったので、食べに来て下さい! 質問は特にありません(笑)。

店舗別オリジナル特典情報(すべて複製サイン&コメント入り)

アニメイト:A3ポスター

ゲーマーズ:A4クリアファイル+缶バッジ

とらのあな:A3クリアポスター

TSUTAYA:L判ブロマイド

タワーレコード:L判ブロマイド

HMV:L判ブロマイド

ソフマップ:A3ポスター

ネオウィング:KGサイズポートレート

アニメガ:L判ブロマイド

セブンネット:L判ブロマイド

田所あずさ2ndアルバム『It's my CUE.』

発売日:7月6日
価格:BD付超限定盤 4,800(税抜)、3,000円(税抜)
共通内容:CD(15曲収録)

●収録曲
01.Come on,A-Z!!(before the CUE)
02.It’s my CUE.
03.Fighter’s high
04.spit out
05.君との約束を数えよう
06.孤毒ディストレス
07.夜はいつか朝になる
08.世界が終わったあとの夜
09.ALERT from THE END
10.アンソリティア
11.英雄なんていない
12.DREAM LINE(CUE mix)
13.Straight Forward
14.Boom! Boom!
15.純真Always

通常盤ジャケット

BOXジャケット


●BD収録内容(BD付限定盤のみ)
・田所あずさ LIVE TOUR 2016 ~Live Forward~ 東京公演(EX THEATER ROPPONGI)
・田所あずさの社会科見学 ラジオ編 ~それってIt's my CUE?~

●初回生産分限定封入特典(BD付き限定盤・通常盤共通)
シリアルナンバー入りイベント応募券
※アルバム発売記念・都内ライブハウスで行われるシークレットライブに昼夜2回公演 各回250名様を抽選で招待
<シークレットライブ詳細>
開催日:9月25日
場所:都内某所
応募締め切り:7月24日 23:59まで
当選発表:8月5日 当選発表予定
※入場時、本人確認あり
※入場時別途ドリンク代支払いの可能性あり

「Azusa Tadokoro 2016~before the CUE/OVERDRIVE&DISTORTION~」

日程:10月7日 OVERDRIVE 開場18:00 開演19:00
   10月8日 DISTORTION 開場16:00 開演17:00
開場:LIQUIDROOM
料金:5,500円(税込)、オールスタンディング・整理番号有
FC先行受付期間:6月10日10:00~6月20日23:59
アルバムCD封入先行受付期間:7月6日10:00~7月31日23:59

田所あずさサイン色紙プレゼント

<応募要項>
■応募期間:2016年7月4日から2016年8月4日まで
■内容:田所あずさサイン色紙
■当選人数:3名様
■応募方法
1.マイナビニュースホビー公式Twitterをフォロー
2.ハッシュタグ「#田所あずさサイン色紙プレゼントキャンペーン」、「#マイナビニュースホビー」と、本記事タイトルとURLを付けてツイート(コチラをクリックするとツイートリンクに飛べます)。

当選者には応募締め切り後、マイナビニュースホビー公式Twitterからダイレクトメッセージにて、送付先情報(送付先住所、受取人氏名、電話番号)を伺います。
※ダイレクトメッセージ送信後48時間以内にご連絡のない場合や、フォローを外された場合(その場合ダイレクトメッセージを送付できません)は当選を無効とさせていただきます。


■当選条件:日本国内にお住まいの方 <個人情報取扱いについてのご注意> 応募にあたって以下を必ずお読みください。応募には以下の「個人情報取扱いについて」に同意いただく必要があります。「個人情報取扱いについて」に同意いただけない場合はプレゼント抽選の対象となりません。
(1)個人情報取扱いについて:マイナビでは個人情報保護マネジメントシステムを構築し、正しい個人情報の取扱および安全管理につきましてできるだけの体制を整え、日々改善に努めています。当社が運営するマイナビニュースにおいて、読者の皆様からお預かりする個人情報は、プレゼントの発送などに利用いたします。
(2)開示等、個人情報の取り扱いについてのお問い合わせ:株式会社 マイナビ ニュースメディア事業部 編集部 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビル news-reader@mynavi.jp
(3)個人情報保護管理者:株式会社 マイナビ 管理本部長 personal_data@mynavi.jp
  • >
  • >>

2/2

インデックス

目次
(1) みんなを引っ張っていけるようなアーティストに
(2) 成長した姿を見せないといけない
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事