【レポート】

"疲れやすい布団"になってない? 今すぐできる梅雨対策

晴れ間の少ない梅雨の時期は、家の中も湿気でいっぱいです。陰の気が充満した中での暮らしはジメジメとした運気を運び、風水においても大敵。前回は梅雨の水の気を利用して金運をアップさせる方法を紹介しましたが、今回は身の回りのメンテナンスで運気を上げるポイントを紹介します。

布団の湿気を抜いて気の流れをスムーズに

晴れを逃さず布団干し!

家の中でも、特に長い時間を過ごす寝室。梅雨の時期に湿気がこもりやすい場所の1つです。湿気を多く含んでしまった布団は陰の気を取り込み、そこで寝る人のスムーズな気の流れを阻害してしまいます。もちろん、安眠にもなりません。しっかりとしたエネルギーチャージができないため、生き生きとした生命力を得られず、疲れやすくなります。

調子が出ないと感じた時は、晴れた日に午前中の太陽光で布団を天日干しにするといいです。陰の気が抜け、陽の気をたくさん吸収できるので、ポジティブになりバイタリティーが得られます。長雨が続くような場合は、布団乾燥機などで湿気を追い出してしまうといいでしょう。

パジャマやシーツなども、こまめに洗濯しましょう。無地よりも柄のある明るいデザインのものを着て寝ると陰陽のバランスが取れ、気の流れが良くなります。

パジャマもこまめに洗濯を

収納にはすのこで風通しを

クロゼットや押し入れなども、日の光が入りづらく湿気がたまりやすい場所です。大切な衣類や物にも邪気となる陰の気が宿り、障害が多くなりがちです。閉めっぱなしにするのではなく、こまめに扉を開けて風を通しましょう。

クローゼットにも風を通すように

すのこを敷くなどして風が通り抜ける空間を作る、除湿剤を入れる、エアコンの除湿運転で部屋ごと除湿してしまう、などもいい方法です。

水回りの水分は特に注意!

トイレやキッチン、浴室などの水回りは、最も陰の気が強いところです。梅雨の時期は特に、たまっている水を流して拭き取る習慣を付け、陰の気を防ぐようにしましょう。また、トイレのふたも閉めるようにしてください。

キッチンでの洗い物も、水につけておく時間は最低限にし、放置せずその日のうちに片づけましょう。流し台の水もすぐに拭き取るといいでしょう。

浴室では、タイルなどカビの生えやすい壁はこまめに水分を拭き取り、残り湯は速やかに流しましょう。浴室乾燥機能を使うと、陰の気をブロックしていい運気に切り替えることができます。

浴室の壁など、水回りの水分はこまめに拭き取りましょう

キレイに澄んだ小川のように流れる水の気は、愛情運や金運を高め、幸せを運ぶエネルギーを持ちます。よどんだ陰の気をブロックすることで、訪れる幸運をさらに増やしていけるようにしましょう。

※画像はイメージ

著者プロフィール: 月香(つきか)

ハート占い1to1ハートスクール1to1主宰。
幼い頃よりさまざま体験を通じて、目には見えない何か不思議な力が存在していることに気づく。
スピリチュアルカウンセラーとして、風水や四柱推命、霊視をしながら、たくさんの方々を鑑定。人は誰でも最良の選択をすることで、幸せを引きよせることができると実感する。
スクールでは、占い師、セラピスト、スピリチュアルカウンセラー、ヒーラーを養成。
モータースポーツにも従事。レーシングチーム、Team Sky Lightに所属。
関連キーワード

人気記事

一覧

2017年11月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事