【レポート】

NXP FTF 2016 - 28nm FD-SOIで製造されるi.MX 8

1 FTFがNXP FTFとして今年も継続して開催

  • <<
  • <

1/2

米国時間の5月16日、テキサス州オースチンでNXP Semiconductorによる「NXP FTF Technology Forum 2016(NXP FTF 2016)」が開幕した(Photo01)。開催期間は5月16日~19日までの4日間である。

Photo01:会場は昨年と同じくJW Marriott Austinである。ただし基調講演の会場は、これも昨年と同じくACL Theaterとなっている

そもそも2015年までFTF(Freescale Technology Forum)が毎年開催されていたのはご存知の通り。とはいえNXPによるFreescale Semiconductorの買収により、前回のレポートで今回で終わりだろう…と書いていたのだが、まさかFTFの名前まで踏襲されて開催されるとは思わなかった。というか、なぜNTF(NXP Technology Forum)にしなかったのか、という気がする。

さて、会場にはおなじみ「IoT Truck」(Photo02)が鎮座しているほか、今回はNXPのRoadLinkの製品を実際に搭載したデモカーによる公道でのデモ(Photo03)なども行われる。Technology Showcaseも相変わらず盛況だが、こちらも別にレポートしたい。

Photo02:車体そのものは昨年までのFreescaleのIoTトラックと同じで、塗装の変更と若干の展示品追加が行われた程度

Photo03:電気自動車にRoadLink関連製品をベースにしたシステムを組み込んだデモカー。こちらの様子はまた別に

というプレビューで終わらせるのが通年であるが、今年は初日からちょっと面白いトピックが発表されたので、これをついでにご紹介したい。まずは「i.MX8」の詳細の公開である。

i.MX7/i.MX8そのものは2013年ころから噂されていたのはご存知の通り。2015年9月15日に上海で開催された「FD-SOI Forum」では「Smart Technology Choices and Leadership i.MX Applications Processors」というタイトルの公演が行われており、この中でi.MX 7とi,MX 7シリーズの簡単な説明も入っている。さてそのi.MX 8について初日に「Introducing i.MX 8 Series Application Processors」というセッションがあったので、この内容をご紹介したい。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) FTFがNXP FTFとして今年も継続して開催
(2) i.MX 8はCortex-A72/A53/A35の各種ラインアップを用意
関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事