【レポート】

避妊率99.9%なのにピルが普及していない理由 ‐ ピルの基礎知識と誤解

 

日本でのピル普及率が低い理由は?

ピルは、正しく服用すれば99.9%もの高い避妊効果がある経口避妊薬です。中でもホルモン量を低くした「低用量ピル」は、副作用の少ない安全な避妊法として世界中で使われています。しかし日本では、まだまだ普及率が低いうえに、正しく理解されていない面もあるようです。

この機会に、ピルに関する基礎知識を身に付け、疑問や誤解を解消しましょう。

「ピルを飲むと妊娠しなくなる」メカニズム

まず、ピルとはどんな薬で、どんな仕組みで妊娠を防ぐのかについて説明します。ピルの主成分は、女性の卵巣から分泌される「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」です。これらの女性ホルモンが含まれるピルを体に取り入れると、脳が妊娠に必要なホルモンがすでに分泌されたと判断し、卵巣からのホルモン分泌を抑えます。そのため排卵がなくなり、妊娠しなくなるのです。

次に、ピルの種類と基本の飲み方を知っておきましょう。現在の主流は、副作用を軽減するために卵胞ホルモンの量を少なくした「超低用量ピル」と言われる種類のもの。使用目的や服用する人の体質などに合わせ、以前からある「低用量・中用量ピル」にする場合もあります。いずれも、ピルの処方を行っている婦人科や産婦人科を受診して処方してもらう必要があります。ただし既往歴(これまでの病歴)や身体の状態によっては、服用できないこともあります。

避妊目的で低用量ピルを服用する場合は、生理の初日から飲み始め、毎日できる限り同じ時間帯に1錠ずつ飲みます。基本は4週間が1サイクルになっていて、服用を3週間続けて1週間休むというサイクルを繰り返すことで、毎月の排卵・妊娠を防ぎます。

「副作用が怖い」「妊娠しにくくなる」は誤解!?

ピルは、「途中で破れる」「外れる」などのリスクがあるコンドームに比べると、より確実な避妊方法と言えます。実際に、欧米では低用量ピルが避妊方法の主流で、60%以上の女性が使っている国もあります。一方で、日本での普及率はわずか3%程度と言われています。なぜ日本では、それほどピルが普及していないのでしょうか。

理由の一つには、日本では、1999年まで低用量ピルが認可されていなかったという事情があります。さらに、「副作用が怖い」「妊娠しにくくなる」といったピルの間違ったイメージが広がっていることも背景にあるようです。コンビニや薬局で気軽に買えるコンドームと違って、ピルは婦人科で処方してもらう必要があるため、最初の一歩を踏み出しにくいという側面もあるでしょう。

確かに、開発当時の高用量ピルは含まれるホルモン量が多く、強い副作用が出る例がありました。しかし低用量ピルの場合、避妊効果が出る限界までホルモン量を抑えているため、強い副作用は起こりにくくなっています。また、飲み続けたからと言って、将来、妊娠しにくくなるということもありません。一般的に、ピルの服用を止めれば1~3カ月程度で妊娠できる状態に体が戻ります。

ピルは、上手に利用すれば、女性が自主的にホルモンをコントロールするための有用なアイテムとなります。後編では、気になるピルのメリットとデメリットについて、詳しくお話ししていきます。

※画像は本文と関係ありません

記事監修: 善方裕美 医師

日本産婦人科学会専門医、日本女性医学会専門医
1993年高知医科大学を卒業。神奈川県横浜市港北区小机にて「よしかた産婦人科・副院長」を務める。また、横浜市立大学産婦人科にて、女性健康外来、成人病予防外来も担当。自身も3人の子どもを持つ現役のワーキング・ママでもある。

主な著書・監修書籍
『マタニティ&ベビーピラティス―ママになってもエクササイズ!(小学館)』
『だって更年期なんだもーん―なんだ、そうだったの?この不調(主婦の友社)』
『0~6歳 はじめての女の子の育児(ナツメ社)』など
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事