【レポート】

機会があれば「ふんどし的な曲」も! - 西明日香ソロアーティストデビュー緊急記者会見

『きんいろモザイク』シリーズの大宮忍役や『てさぐれ!部活もの』シリーズの鈴木結愛役などで知られる声優の西明日香が、シーサイド・コミュニケーションズより10月19日、ソロアーティストとしてデビューすることが発表された。発表は4月27日、都内某所で行われ、その様子は「西明日香緊急記者会見~結婚じゃないよ!~」と題しニコニコ生放送で配信された。

西明日香

当日の司会進行は、西の所属事務所の同期である田丸篤志が務めた。西は登場するなり右手の甲をカメラに映し、母親に買ってもらったという指輪をアピール。結婚会見を模した今回の緊急記者会見は、西ならではのチャーミングさが現れていた。会場が温まったころに、ソロアーティストデビューやオフィシャルサイト、公式Twitterの開設を発表。昨年4月から動いていたというソロアーティストデビューの話だが、意外にも不安だらけだったという西。「歌うことは好きなのですが、私でいいのかなという思いがありました。でも、シーサイド・コミュニケーションズのスタッフさんたちが、一丸となって西明日香を応援していきたい、活躍の場を広げていきたいと言ってくれて、私も全力で頑張っていきたいなと思いました」と語った。

ラジオ番組『洲崎西』で共演している洲崎綾にも真っ先に報告したと明かし、「ぺっちゃん(洲崎綾)からは、『私が西明日香のプロデュースをするよ。どういう曲にする?』と応援してもらい、いい相方を持ったなと感じました」とうれしそうに話していた。

さらに、今後やりたいイベントとして、西は「バスツアーがやりたいです。目的地がわからないミステリアスバスツアーがいいですね。目的地は西の実家かもしれない。参加費は5万円くらい取りたいです(笑)。あとはビンタ会! いつも振りまいている元気を本当に注入しに行きたい。他の声優だと怒られてしまうようなイベントを積極的にやっていきたいです」と話し、意欲を見せていた。

ほかにも、記者からの「どのようなアーティストになりたいか」という質問には、「普段は、『西明日香のデリケートゾーン』というふざけたラジオをやっているので、アーティストとしては、疲れて帰ってきた人に、元気や癒しを与えられるようになりたいです。そしていつかZepp東京に立ってみたいです」と、今後の活動に夢を膨らませながら、「緊急記者会見」は終了した。

また、今後の展開やデビュー曲については、オフィシャルサイトや、「超! A&G+」にて放送中のラジオ番組『西明日香のデリケートゾーン』で発表していく。ちなみに、大のふんどし愛好家でもあり、日本ふんどし協会から「ベストフンドシスト賞2015」を受賞したこともある西は、機会があればぜひ「ふんどし的な曲」も出したいと笑いながら語っていた。

司会進行を務めた田丸篤志(右)

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事