【インタビュー】

HIPHOP×アイドルの融合! 待望のメジャーデビューをはたすlyrical schoolの魅力

1 4/27にメジャーデビュー

  • <<
  • <

1/3

2010年の結成以来、HIPHOPアイドルユニットとして、精力的にライブ活動を行ってきた「lyrical school」(リリカルスクール / リリスク)が、2016年4月27日、「RUN and RUN」で待望のメジャーデビューをはたす。

lyrical school「RUN and RUN」のジャケットイメージ

lyrical schoolは、ayaka、minan、hime、yumi、mei、amiの6人からなるグループで、前作「ワンダーランド」からおよそ9カ月ぶりの新作で、メジャーデビュー曲となる「RUN and RUN」は、lyrical schoolの初主演映画として5月より公開開始となる『リリカルスクールの未知との遭遇』の主題歌。カップリングにはテーマ曲ともいえる「リリスクのうた」が収録されるほか、初回限定盤には、新メンバーであるhimeが参加した形でリテイクされた「brand new day」と「S.T.A.G.E」が収録されるなど、まさに名刺代わりとでもいうべき、lyrical schoolの魅力が詰まった1枚に仕上がっている。

そこで今回は、メジャーデビューシングルのリリースにあたり、lyrical schoolのメンバーであるmei、yumi、minan、amiの4人が語ったメッセージを紹介しよう。

(写真左より)lyrical schoolのmei、yumi、minan、ami

待望のメジャーデビュー! lyrical schoolからのメッセージ

――まずは自己紹介をお願いします

mei「赤色担当のmeiです。ライブではけっこう煽り役です」

yumi「グレー担当のyumiです。珍しいカラーなので覚えてください!」

minan「紫担当のminanです。身長が一番大きい168cmです」

ami「オレンジのamiです。ライブでは三つ編みのおさげにしているのでチェックしてください」

――lyrical schoolは4月27日にメジャーデビューとなるわけですが、ユニット結成当初からラップをやっていたのですか?

yumi「ユニットとしては最初からラップをやっていました。ただ、最初は『tengal6』という名前で、HIPHOPのアイドルグループとして集まったんですよ。あくまでもHIPHOPのグループということだったので、ダンスをやるグループだと思っていたメンバーが多かったです」

mei「私も最初はHIPHOPと聞いて、ダンスのユニットだと思っていました。ガツガツ踊る、カッコいいグループになるんだろうなって」

――皆さん、ラップの経験はなかったんですね

mei「HIPHOPの経験がない子たちを集めるというコンセプトだったので、特にラップは経験のない子ばかりでした。ダンスはamiが経験者だったかな」

ami「私の中では、HIPHOP=ダンスだったので、オーディションのときにラップをやると聞いて、ちょっと驚きました(笑)」

――minanさんはlyrical schoolになってからの加入ですから、もちろんラップがやりたくて参加したわけですよね?

minan「……いえ(笑)」

――え?

minan「もちろんlyrical schoolがラップをするグループというのは知っていましたが、ほかのアイドルグループとちがって、Tシャツとショートパンツとスニーカーでカッコこいいライブをするグループという印象のほうが強くて、それで応募しました。なので、私もラップはグループに入ってからですね」

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 4/27にメジャーデビュー
(2) 「RUN and RUN」は応援ソング
(3) 女の子のHIPHOPを大きなブームに

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事